CANON OPEN

年に一度の石川詣でに行って参りました。
昨日は幸運にも職場の沿線での開催だったので、午前中のアポ帳を閉じて(普段から午前中はあまり予約入らないのだが、)電車で向かいました。
 
最寄駅から送迎バスが出ているので、大変便利です。
イメージ 1
 
主役がスタート・ダッシュを掛けているので、平日にもかかわらず大変な賑わいです。
気づいたのは、こういったトーナメントでは招待チケットで入場している関係者が多いのですが、
昨日は、小生含めて実際に窓口で当日券を購入している、有料入場者が大多数でした。
やはり石川人気は凄いです。
イメージ 2
イメージ 3
カメラ屋さんが主催だからでしょうか、撮影禁止のボードが見当たりません。
なので、ちょくちょく撮りました。SONYのカメラですが。。。
 
それにしても、スター選手をこれだけ、手を伸ばせば触れられる距離で観られる競技は、なかなか無いと思います。
イメージ 4
 
1年ぶりのリアル石川でしたが、
ドライバーは結構散ってました。
しかし、そこからのトラブルショットがめちゃくちゃ上手い。
3つくらいのバーディーを見ましたが、すべてラフからのベタピンショットでした。
同伴競技者が、クリークやアイアンでティーショットを打つところを、迷わずドライバーを抜いていました。
トラブルショットに自信があるからだと思います。
これで、ドライバーが安定したら無敵ですね。
 
改めて、100人のスター選手より、1人のスーパースターだなと思いました。
タイガー・ウッズを失いつつあるPGAツアーが心配です。
スポンサーサイト



Eagles

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昨日は、マリーナ主催の月例コンペ。
場所柄、伊豆・箱根方面での開催となるので、往復の山坂道が、ともすると本プレイよりも楽しみだったりします。
わざわざ早起きして箱根に向かうという童心を失ってしまった現状で、このゴルフ宅急便がなかったら、もうスポーツカーを買う事はないかもしれません。
加えて、僕にとってコンバーチブルに乗るというのは特別な日にしたいので、通勤や買い物には使いません。
完全OFFの日に、身も心も解き放たれた気分でオープンエアーを味わいたいのです。

昨日は、湯河原~箱根に向かう椿ラインと呼ばれるつづら折りを選びました。
整備の悪い町道で、落ち葉が散乱しコーナー・クリップではススキの穂がミラーを叩きます。
名前の通り、美しい椿の花が満開でした。

先日、9太郎邸でプレゼントされたイーグルスのアルバムを聴きながらコースインすると、なんとパー5でイーグルが出てしまいました!
しかも、2オン1パットの格調高いコンサバティブなイーグルです。
8メートルのフックライン。
今までホールイン・ワンを含め、チップでのイーグルは何度か達成しましたが、
グリーン上でのイーグルは初めてだと思います。
齢がら、そろそろ抜こうと思っていた3アイアンの感触は忘れられません。

こういうマグレ当たりがゴルフの中毒性です。
ほとんどすべてはミスショットなんですけどね^^

フジサンケイ・クラシック

イメージ 1

イメージ 2

昨年、一昨年に続いて富士桜に行ってまいりました。
遼くんが絶好のスタートを切ったにもかかわらず、ギャラリーの入りはやや少ないようでした。
やはり、皆夏バテなんだろうか。

590ヤードの15番ホール、同伴競技者はハナから3オン狙いで刻みを入れている中、遼クンは何とアイアンで乗せてきました。
あの2番アイアンの打球音と、ミサイルの様な弾道は生涯の思い出になりました。

会場に行って、彼のゴルフを目の当たりにすれば、1人次元の違うゴルフをしている事が判ります。
今年も必ず賞金王を獲ると思います。

ブービー賞

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

タイガー・ウッズが不振を極めている。
今週はなんと、危うくビリになるところだった。
予選落ちの無い招待試合で、2日間で帰宅する事が出来ずにかえって醜態を晒す結果になってしまった。
あのタイガーが、、、
優勝者なぞどうでもよい、NHKの中継も葬式のようだ。
千代の富士が初日だけ勝って、後は全敗したようなもので、大相撲であればマゲを降ろして引退を余儀なくされるところ。
タイガーのあらゆる記録の中で、最も偉大で金輪際破られる事のない大記録は、デビューイヤーの1997年から2005年まで142試合予選落ちが無しだと思います。
8年間予選落ち無しですよ、、、
それだけ圧倒的な名手が18オーバーのブービー賞とは。

あの記録ずくめのマスターズ優勝以来、ゴルフ界は間違いなくタイガーを中心に廻っている。
タイガー好きも嫌いも、異論はないでしょう。
タイガー対その他の選手という図式。
桁外れの賞金総額も観客数もタイガー1人で運んできたものだ。

世界中が、次の一勝を固唾をのんで見守っています。

練習ラウンド

イメージ 1

ホームコースをラウンド中、ドライバー曲げて竹林に打ち込みました。
4番アイアンでタケノコ掘り返してきました。
この週末に、こさとう邸でタケノコ狩りがあるので、肩慣らしですね。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR