ECU マッピング

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

オーディオのデジタルセッティングに続いて、エリーゼのECUマッピングを行った。この車輌はプラグの点火時期や燃料噴射タイミング、噴射量等をコンピュター制御している。車軸に実際を想定した負荷を掛けながら、種々の演算数字を打ち込んで行く訳です。
これらの作業をショップに丸投げすると10-20万と費用がかさむ上に、スケージュール合わせも面倒なのです。
そこで、デジチャン調整同様に何とかdo it myselfで出来ないものかと勉強を開始しました。
まず、一千万もするシャシ台http://www.dynapack.jp/
を購入するのは無理なので時間貸与してくれるショップを紹介してもらい、ECUセッティングに明るいT氏同伴にてガレージに向かう。
エアコンレスの蒸し暑い室内で、未燃焼ガスに吐き気を覚えながら約1時間半。
これに比すれば、オーディオセッティングは夢のような快適さだ。
一折、数字が揃ったところで最後はT氏を助手席に乗せて実走。
東名高速にて免許の残点数を気にしながらの実践だ。
フルブレーキ&フル加速の繰り返し、当局に見つかれば即検挙の危険運転です。
筑波1ヘア2速の立ち上がり、富士100アール4速パーシャルからの加速の再現。
オーディオ的にはスネアドラムの乾き、バイオリンの濡れの再生といった実聴セッティングの要領です。

面白い、これまた1年は遊べます。

http://f.flvmaker.com/mc.php?id=V8xcQpY4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpX5jEYGJBYuJLOSEhQXPKHlXbv.73Ci80qIZgVPU2kkaolXYPIYCCG7hzs

スポンサーサイト



巨人・阪神 最終戦

イメージ 1

上位3チームが0.5ゲームにひしめく近年稀にみる白熱の終盤戦。居ても立ってもいられずチケット購入しました。明日のぞみに飛び乗りとんぼ帰りです。

デジチャン特訓塾5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

位相合わせが一段落し、リスニングポイントにて周波数特性を測定しました。
D2040にはイコライジング機能も付いていますが、タイムアライメントを合わせたのみの素の特性です。
なかなかの乱れ具合です。。。
特にウーハー部分が酷いですね。
考えてみればFujiyama BOXは単なる思い付きで自作したもので、メーカーの製品のように徹底的な測定・聴き込みを経た後の商品でない訳だから、綺麗なグラフが出る訳もないのです。ウーハー同士の干渉などもあるのかもしれないし、部屋の造作の影響かもしれませんね。
イコライザイジングだけではどうしても埋められないディップも存在します。

位相合わせはマルチ地獄のほんの入り口・三途の川だと思い知らされます。
これからが大変だー。

最後の写真はバスレフ穴に座布団突っ込んで悪戦苦闘しているシーンです。
カーペット敷いたり、雑誌を下に突っ込んだりいろいろ実験してます。

デジチャン遊びはコストパフォーマンスが高く、何より楽しいです。
これで完全に1年遊べますね。

デジチャン特訓塾4

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

1枚目の写真は位相合わせの際のスタンド配置です。
ウーハーとミッドの仮想平面にマイクを合わせます、LRそれぞれ離しているのは極力音の混入を避ける為です。
その後、ミキサーにてPCソフトに取り込んで測定開始です。
実際測定が始まってしまうと4ch、30分くらいで終わってしまいます。
そこまでの機材のセッティングに時間を要します。
クロス630Hzで191.2mmずれていました。音速に換算する約0.1秒のずれです。
実際にPCですこしずつオシロの波形を合わせて行って、左右の波形がピタリと合った瞬間に音圧がふっと上がったのには驚きました(高音部では変化判りませんでしたが。)

デジチャン特訓塾3

イメージ 1

アンプ・ユニット・入り口・部屋・ケーブルetc...
アプローチそれぞれ。
山頂を目指す登山ルートは多岐におよぶと思います。
そんな中で、デジチャンを駆使してのアプローチはジェットヘリで一気に登頂してしまうようなものか。。。
確かに操縦法は難しいが取得してしまえば、めくるめく世界が待っています。
僕のような電気的な知識が乏しい者でも、技術を取得しつつあります。
なので、誰でも出来ます。
少しずつ紹介出来ればと思っています。

今回、まつサンの指示に沿って揃えた機材。
@Creative 外付けサウンドボード USB Sound Blaster Digital Music LX SBDMULX
@マイク・ベリンガー ECM8000 2本
@マイク・ミキサー・ベリンガー XENYX 1002
@吉正電子㈱ リアルタイムアナライザー http://www.ymec.com/store/jp/

これだけです。あとはケーブルやスタンド類で占めて5,6万です。
一昔前にオシロその他の測定機械を揃えるのにいったいどれだけの費用が掛かった事でしょう。恵まれた時代です。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR