週刊リベロ 年末号

イメージ 1

イメージ 2

有馬記念が番狂わせで終わり、街道の老舗スーパー前はクリスマスの食材を求める長い車列が続いています。
本年も残り僅かとなりましたが、皆様はどんな一年でしたでしょうか?
小生は何かと新しい体験が多い充実した一年でした。

5月、25年ぶりに自動二輪免許を取得しました。
7月、京都に通いデジタルチャンデルデバイダーの調整を取得しました。
8月、小型船舶の免許を取得しました。
9月、富士スピードウエイでフォーミュラー・マシンに乗りました。
10月、同じく富士スピードウエイで30年ぶりのF1を体験しました。
12月、憧れの菅野先生と杯を交わす事が出来ました。

年々時が過ぎるのが短くなるという人が多いです。
僕も最近までそうでした。
何故だろうとずっと考えていました。
小学校卒業の年、大学入学の年、就職の年、第一子誕生の年、初体験の連続で強烈に記憶に残っています。
逆に、小学校2年の時や就職二年目は記憶にありません。
きっと新しい体験を積んでいかないと人生が短くなり、無為に時間が過ぎていくのではないでしょうか。
歳をとって加速度的に時が流れていくってのは初体験の量が少なくなるからではないかと思っています。
今年度は「瞬きしてる間に終わった。」という人は結局この一年何もしなかった人ではないでしょうか?
今後も、人生を実りあるものにする為にどんどん初体験を重ねていこうと思います。

小生は本日より暫くネット環境を離れます。
来年度はこのブログの新展開を予定しています。
今後もどうぞ宜しくお願いします。

スポンサーサイト



日産GT-RとエソテリックP0

イメージ 1

イメージ 2

某所で新型GT-Rを捕捉した。
暖気を済ませたマシンに、新調のスーツをあしらえたドライバーが乗り込みクラッチミート一閃、後方に居た小生は衝撃波をまともにくらい、吹き飛ばされて散り散りになった。舗装路が高熱を孕んで膨張したかと思うと、紅い弾丸はゆがんだ空間に消えていった、、、
480PS、最高速310キロ以上、0-100キロ3.6秒etc,,見慣れない数字が並ぶ。洋の東西、居並ぶスパーカーカーを薙ぎ倒し、フェラーリ・エンツオ、マクラーレンSLRらと肩を並べるドリーム・カーの誕生だ。
幕末の黒船来襲、先の大東亜戦争での大惨敗以来、欧米列強に抱いてきた劣等感を払拭する日が遂に来た。
靖国に遷ろうみたま達よ、安らかに成仏してほしい。 

遡る事1997年12月、丁度10年前にエソテリックP0が発表された。
そのままでは音も出ないCDトランスポーター、126万円。
相応のDAコンバーターと組ませると、200マンは下らない値札と総重量50キロと武骨な外観と。。。

ー中略ー

とにかくその音楽構成のスピード感、展開の迫力には唸らされ続けた。
技術の精緻の先に桃源郷をみた。
ここまで辿り着いたエソテリックの技術陣に深くこうべを垂れた。
その後、ハイファイオーディオのリファレンス機となったのは記憶に新しい。
ほとんどすべてのオーディオファイルは、好き嫌いを別にして一度はラックにP0を並べたはずだ。

日産GT-R
今後、暫くはスポーツカーの座標軸となるであろう。
メリークリスマス

御大との食事

イメージ 1

会長に誘って頂き、菅野沖彦氏と卓を囲んだ。半世紀に渡りオーディオ界に君臨しつづける存在感はやはり凄いです。彼と杯を交わす事が出来たのは小生一生の思い出となりました。別れ際の氏の言葉が心に沁みました。「機械ばかりいじっていては良い音は出ない、酒・オンナ・車どんどん放蕩しなさい」

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR