釣りバカ日誌5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

さて初島に船首を向けた理由は、本日遊びに来る夫婦の為にランチの食材を確保する為です。
東東京から遠路遊びに来るのですから、少なくともかさごの煮付け位は出さないと申し訳ありません。
初島沿岸は岩礁地帯で根魚豊富、餌釣りならば確実に魚が揚がります。
それでも未練がましく7ノットでルアーを曳きながら走行しました。
1時間あまり経過。。。
初島沿岸の露天商がはっきり見え始め、やむなくルアーロッドを収めました。
トローリング初日、見事な黒星スタートです。
憮然とアミブロックをバケツに移し、シコシコとコマセ籠に臭いアミを詰め込んで釣り糸を垂れました。
アジ・サバ、根魚を2,3匹確保して帰港する算段です。
20メートルあたりの棚での一投目、早速当たりが来たので巻きましたが引きが続きません。
エサ取りです。
少しエサ付けを工夫しての2投目、棚を揃えて待つこと30秒シャープな手ごたえが。
しっかり合わせて新調した電動リールのレバーを倒す、シマノ電動丸600Hだ(どうでも良い事だが)
なかなかの引きですが基本的に釣りは初心者なので、引き味で魚種を当てる事は出来ません。
今まで釣った魚もアジ・サバ、カレイにアイナメくらいのものです。
電動リールをゆっくり一定スピード巻き上げると、時々強烈な引きがあります。
垂直に真下に突っ込んで行きます。
指先に伝わる振動と大きくしなる竿先がたまりません。
10-9-8-7、、デジタルメーターのカウントダウンが始まります。
まずコマセ籠と天秤が姿をあらわし、これを取り込んで5メートルばかりのハリスを手繰ります。
釣り人が最も胸を膨らます一瞬です。
水面にゆらりと横縞の魚影を確認した際は、嬉しいというより狼狽しました。
「嗚呼、石鯛が、、タモ網、タモ網、、、」と口走りながら狭い船内をバタバタ走り廻りました。
網で慎重に船内に取り込み、改めて良形の石鯛(33センチでした)と再確認して徐々に嬉しさが込み上げて来ました。
「やったー!」
バケツ内で一気に血抜きし、そのまま新鮮な海水に入れました。
クーラーなど必要のない至近距離輸送です。
トローリングがオデコだった事などとうに忘れて、全速力でマリーナに向かいました。

しっかりとした歯ごたえのある食感に甘みが広がり、ゲストの夫妻も大喜びしてくれました。

スポンサーサイト



釣りバカ日誌4

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

朝焼けの中しばらく操船を楽しみながら海上を回遊しましたが、本日に限ってナブラ・鳥山が立っていません。
ナブラ・鳥山という言葉を聞き慣れない方が多いと思います。
小生も最近になって知った単語です。
ナブラとは、海上に突然湧き上がる小魚(主にイワシ)の群れです。
数メートルから大きいもので100メートルを超える幅で海面が黒く変色し、さざ波が立ちます。
近くに居ると、ビシャーっとかなり大きな音ですぐに気づきます。
なぜイワシが海上に押し上げられるかというと、海中のブリやマグロといった大魚が捕食の為に彼らを追い込むからです。
表層を逃げ回るイワシを今度は海鳥が見つけ急降下します。
それが鳥山です。
イワシって奴は下からはマグロに追われ、上からは鳥に睨まれて本当に踏んだり蹴ったりですね。

1時間ほど鳥山を探しましたが、鳥達は遠く上空を旋回しているか海面で翼を休めているのみです。
やむなく、潮目を狙いながらルアーを降ろしました。
時速は7ノットです。
リールのドラムからラインの出るジーーという音が響き、戦闘開始です。
ルアーの仕掛けには、ラビットと呼ばれるラグビーボールのような樹脂の抵抗板が付いています。
これで海上を叩いて白波を立て魚を誘い、その先に疑似餌が付いている訳です。
本日は、この仕掛けで表層を牽く訳ですが、潜行板を沈ませて中層を牽いたりラインにオモリを沢山付けて底層を流したりする「ぐみ牽き」という方法もあるようです。
先人達の魚との英知をかけた駆け引きには凄みを感じます。

沖合いで1時間ほど走行したでしょうか、竿先は沈黙を保ったままです。
刻々と昇る太陽に諦めムードが漂います。
朝づめのゴールデン・タイムが終わろうとしています。
クーラーBOXから缶ビールを取り出し、足操船・自動操縦に切り換え初島沖を目指しました。

釣りバカ日誌3

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

翌朝、夜明けを待ちきれずに港へ向かうとアングラーにとってのハイシーズンとあって乗り合い船は鈴鳴りの乗客で溢れ返っている。
マリーナでもすでに数台のオーナーボートが桟橋での暖気運転を開始している。
湾内にわかし(ハマチ)やキハダの群れが来ているらしい。
遅れをとってはなるまいと、小生も翌日から係留してあるボートに飛び乗り出漁準備を進める。
本日は9時過ぎに友人夫婦が合流・乗船の予定なので、それまでの4時間余りが単独フリータイムだ。
やがて東の空が白んで来る。
漁船の焼玉エンジンの排気音が一気に高まり、港の一日が始まります。
漁船、乗り合船、オーナー船の順番で防波堤を出て行くのが暗黙の了解となっているようです。
こちらは道楽ですから、港では何事も控えめに行動しないといけません。
十数台の船団の末席に陣取り、暁の水平線を魚場に向かいます。
焼玉エンジンの黒煙を浴びながら、興奮を抑えきれない自分が居ます。

15分ほど縦2列編隊で半島先端あたり迄出たところで、それぞれの持ち場にわかれる。
船団が一気に枝分かれして散って行きます。
漁船、乗り合船はわかしの根に、大型クルーザーは沖合いにキハダやヒラマサの追い込みを掛けます。
マイボートは岸の見える範囲、やや沖合いを鳥山・ナブラを探して回遊します。
朝日に輝く大海原を、白波を残しながら縦横無尽に疾走する快感を辞することばは有りません。
つづく。

釣りバカ日誌2

イメージ 1

ヤマハSR23という8人乗り、元来マリンスポーツ・レジャー用に購入したボートですが、無益に走り回る事は程なく飽きてしまいました。
ある日、何気に釣り糸を垂れると磯の複雑な地形からか中々の魚影が感じられたのです。
すわ20年ぶりに竿やリールを新調して、ポイントとおぼしき場所に本腰入れて陣取るとカサゴやウマズラといった根魚が揚がって来ます。
沖に出れば、時間帯によって良形のサバが入れ食いとなります。
コリャ面白い!確かにオモシロイが一つ大きな問題がありました。
小生は船酔いが激しいのです、学生時代も一時期ボート釣りにハマリましたがこの弱点により大成しませんでした。
そこで今回一計を案じました。
{疑似餌による牽き釣り}、所謂トローリングというやつです。
これならば、停泊中の横揺れや臭いエサ付け・仕掛けの調整に悩まされる事はありません。
ここに活路を見出す事にしました。
WEB上でトローリングの各種情報を集め、販売店の門を叩きました。
店の主人に意向を伝えると、小生がやろうとしている釣りはライトトローリングというカテゴリーであり、エントリーのツールを各種選んでくれました。
嬉々として車内に積み込み、一路マリーナに向かいました。
現地に着くと、あらかじめ設置をお願いしてあったロッドホルダーにトローリング・ロッドを据え付け、悦に入っている自分がいます。
明朝は夜明けと共に出航予定。
対象魚はカツオにシイラ、あわよくばメジマグロとのファイトです。
その夜は興奮して寝付きが悪かった。
つづく。

釣りバカ日誌

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

秋の涼風心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
小生、最近釣りにのめり込んでおります。
今月半ばにしてすでに4度も海に出ており、要するに公休日はすべて漁に出ております。
興味を持つと直線的に進むしか能がないB型的特徴です、お笑いください。
四日間の様子を、四夜連続でお伝えします。

コンデジ 単焦点

イメージ 1

娘がオモチャのカメラでゴマかしがきかなくなったのでくれてやり、こちらは新規に購入しました。
量販店の溢れんばかりの陳列棚の中に琴線に触れるモデルが。
リコーのGRという28mm単焦点コンデジです。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital2/
エンジンとレンズのクオリティーに徹底的にこだわり、値段もエントリー一眼の価格帯です。
ズームも手ブレ補正も無い男らしい製品。
ニッチなマーケットを狙ったモデルですが、ハイエンド一眼のサブ機としても売れているらしい。
躯体の質感が高く、エンジンのピックアップも素晴らしい。

早速娘に取り上げられましたが、、、

フジサンケイ クラシック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

河口湖に石川遼クンが来ているので追っかけしてきました。
エリーゼで中央高速を音速移動、右にビール工場・左は競馬場♪を眺めながら60分です。
平日にもかかわらず結構な入場者です。
予想はしていましたが、ギャラリーのほぼ全員が石川組に貼りついていました。
遼くんがバーディー奪った13番ホール、後続組との比較写真です。
遼くんのプレイが終わるとギャラリーはぞろぞろ退散し誰も居なくなります、深堀・藤田・ドンファンという、そうそうたるメンバーなのにです。
遼くんが居なくなったら、日本ツアーはどうなってしまうのでしょうか?
「PGAに行きたい」、なんて暫く言わないでね。
多くの優秀な選手より、一人のスーパースターですね。
タイガー・ウッズ、マイケル・ジョーダンしかりです。

遼くん、一年前よりひと回り躰が大きくなっていました。
去年はショットが薄いなあという印象でしたが、今回カブレラのようなアイアンの分厚いインパクトに驚きました。
ドライバーの飛距離も同伴競技者を圧倒していました。
15番ロング渾身のティーショットにギャラリーが沸きました。
出弾の角度・初速、捩れのない三段ロケットような弾筋は惚れ惚れします。
ドライバーだけで金を取れる選手ですね。
ツアー2勝目はそう遠くないでしょう。

最後の写真、一番後ろのグレーのシャツは遼クン・パパです。
彼も有名人で時々サインに応じてました。

トーナメントは原則撮影禁止です。
小生は遠く離れた場所から望遠で撮りましたが、良い子の皆様はマネしないでください。

反抗期?

イメージ 1

相変わらずのねじれ国会、政局の混乱が続いてますがここに来て我が娘の態度も硬化して来ました。
昨日は小生の洗髪の仕方が気に食わないとの事で、風呂場で後ろを向いたまま寸分動かなくなってしまった。
いつまで続くのだろうと放っておいたが、20分経過も同じ姿勢(写真の通り)だったので、仕方なく捕獲しましたがその後の七転八倒は凄まじいものでした。
これが反抗期ってものでしょうか?

参考文献↓

フロイトの赤ん坊陛下という言葉があります、第一反抗期より少し以前を指し
文字通り「王様の様に何でも思い通りになると信じている、非力な赤ん坊」の
時期であり、誰もが通る過程です。
この「全知全能だと思い込む、赤ん坊」の心地良さを十分に味わい、そこから
自力で出て外を見るまでの「試練」を乗り越える事が発達には肝心です。
これが巧く為しえなければここまま大人になり「自己愛的な性格」が形成され
易いので、乳幼児が「至れり尽くせりの王様の時期」とその、居心地が良くて
守られた世界の「殻を破って世界を見る時期」を、しっかりと見届ける事が、
養護性を持つ、大人の役目です。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR