秋サバ

サバの漁獲量が減少しています。
特に伊豆周辺は激減と言ってよいでしょう。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/Yahoo!%a5%e1%a1%bc%a5%eb%c5%ba%c9%d5%a5%d5%a5%a1%a5%a4%a5%eb/__sr_/45c3.jpg?BCUadpJBqVgj_6pL


それでも夏場はまだまだ多く顔を見せるのですが、脂の乗っておいしいこの時期はめっきり姿を消します。
先日、寿司屋で関サバを食してその味に驚いて早速船を出しました。

しかし、この夏あれだけエサ取りに悩まされたサバも狙うとなかなか来ませんねえ。
イナダや真鯛、ウマヅラ等はうるさいほど掛かりますが。
真鯛は贈答用に喜ばれるので、取り込みますが(珍しくメジナが揚がったのでこれも)後は全てリリースしました。
真鯛が外道とは贅沢な釣りですね。
2時間ほどして、ようやく40センチ弱のゴマサバが来たので血抜きし即座に帰還しました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/Yahoo!%a5%e1%a1%bc%a5%eb%c5%ba%c9%d5%a5%d5%a5%a1%a5%a4%a5%eb/__sr_/cbe6.jpg?BCUadpJB2.9CvKeN


サバは鮮度が命です。早速3枚に卸して、半身は刺身にもう一方は〆サバとしました。
鮮度によって、塩&酢の時間が変わります。
釣りたては20分も〆れば充分です。http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/Yahoo!%a5%e1%a1%bc%a5%eb%c5%ba%c9%d5%a5%d5%a5%a1%a5%a4%a5%eb/__sr_/5c5b.jpg?BCUadpJBqslzDRe2



水揚げ後1時間強の脂の乗った〆秋サバ。
気絶するほど旨いです。
こればっかりは、釣り人の特権です。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/Yahoo!%a5%e1%a1%bc%a5%eb%c5%ba%c9%d5%a5%d5%a5%a1%a5%a4%a5%eb/__sr_/41e6.jpg?BC0_dpJB.47eHlBZ




娘と寿司屋さんごっこして遊びました。
ネタはサバと鯛、メジナとスーパーで買ったイクラとキュウリです。
生意気に「イクラ手巻きで頂戴」などと注文出します。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/Yahoo!%a5%e1%a1%bc%a5%eb%c5%ba%c9%d5%a5%d5%a5%a1%a5%a4%a5%eb/__sr_/fc5e.jpg?BC0_dpJBO12xoStT


スポンサーサイト



ウォール街

未曾有の世界金融不安、解決の糸口さえ見えない状況が続いています。
小生の他業種の友人達もこれからの年末商戦を控え、寝付けない日々が続いているという。

モノ造りを投げ出し、「金融」という得体の知れない産業に走ったツケが廻ってきたと言う事なのでしょうか。
「音楽が流れている間はダンスをやめられない」とは、財務高官の言葉。
日本のバブル崩壊など全く肥になっていなかったようです。

ふとラックに並ぶDVD、1987年アカデミー主演男優賞(マイケル・ダグラス)作品、オリバー・ストーン監督の「ウォール街」が目に留まったので、プロジェクターの灯を入れました。
若き証券マンのバド(チャーリー・シーン)が一攫千金を夢見て繰り広げる人間活劇。
浮き沈みの激しい「ウォール街」の様子を見事に描写しています。
バブル真っ盛り、金満・拝金主義が横行していた時代の作品で社会風刺的な内容も含んだ作品です。
こんな時期だからこそ、お勧めの作品です。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/b403.jpg?BCuEloJBjIAqkes.

私事ですが、この20年間相場で遊び、結局トータル損で終わりそうです。
振り返ってみれば、儲かっている時よりも、損を出している時期の方が遥かに気持ちの振れ幅が大きかった。
さらに言えば、儲けが出ている時も罪悪感のようなものが気持ちを支配していたように思う。
どちらに転んでも「株をやる」という行為は、小生の中では健全な精神を宿さないと判断しました。
しかしながら、これだけ相場が下がってくると再びスケベ心が出てくることも事実です。
オンライン取引では、携帯電話で入金指示を実行すれば即参戦可能です。
この手軽さが怖い。
小生は弱い人間です、禁煙も多くの時間を要したのです。
手間ひま掛けて、証券会社の口座を廃止しました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/7ef3.jpg?BCuEloJBkKShhNUQ

VISA 太平洋マスターズ day2

父親が「石川遼が見たい」と言うので、急遽御殿場に向かいました。
トーナメント会場など足を運んだ事のない彼がこんな事を言い出すのだから、石川ブームも社会現象の様相でしょうか。

スタート時間の1時間以上前に会場入りしました。
周辺道路は予想通り渋滞しており、ゲートをくぐり練習場に向かうとすでに大混乱の状態で入れません。
石川選手がすでにウォーミング・アップを開始しており、警備員・運営スタッフが取り囲んでいました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/c1a9.jpg?BCJr8kJB5tXrFiBj

石川選手は一番手前で打ってました(ピンク&ブルーの極彩色のウエア)
恐らく混乱を避ける為、この位置で打たせてるのだと思います。
数年前にタイガーが来た時もこの位置でした。
ロングアイアンの澄んだ打球音と、ねじれのない球筋は惚れ惚れします。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/e363.jpg?BCJr8kJBRGfLpUOm

石川の同伴競技者は、PGAより凱旋帰国の今田と賞金王狙いの矢野。
なんとゴージャスな顔合わせでしょう。
来場者のほとんどがこの組に付くのは容易に想像できます。
加えて、石川は初日6アンダーの単独トップ。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/8353.jpg?BC598kJBlhN7UA6A



石川のドライバーの弾道は同伴競技者の2倍くらい高く、2打目の位置もご覧の通りです。
今田は崖に落としてダブルボギーのスタートとなってしまいました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/ce68.jpg?BC598kJBdcQYg4JT

ティー・グランドからグリーンまでギャラリー数珠つなぎ。
こんなの日本ツアーでは初めて経験しました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/db84.jpg?BCpQ9kJB3Tj9bS2w

遼くん、前半不調で順位を20ランクくらい落としてハーフ・ターンして行きました。
上がりの2ホール連続バーディーでスコアを戻したのは圧巻でしたね。
今年前半はシンデレラ・ボーイの顔見せ興行的な役廻りでしたが、ここに来て完全にツアープロ、それもトッププロとしての風格が出てきました。
2ヶ月前の河口湖とは別人で、まさしく日ごとに成長している。
とにかく小技がめちゃくちゃ上手く、品揃えも豊富。
6番パー5でムリに2オン狙いに行って池ポチャ、4打目40メートルのアプローチには舌を巻きました。
高度1.5メートルのレーザービームで、2バウンド目にホールの脇に接着剤で貼り付くように止まりました。
今田が思わずのけぞっていました。

石川は来シーズン2,3勝して、再来年はPGAに戦場を移すでしょう。
ティーンエイジのサムライゴルファーとして、大喝采を浴びる事でしょう。
再び日本ツアーが寂しくなりますが仕方ありませんね。

東京ディズニーランド ホテル 3

エントランスを抜けると、七階ぶち抜きの圧倒的な空間が広がります。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/22cd.jpg?BCz_IkJBjxA0zcWQ

ホスピタリティーも完璧で、振り向けはコンソルジュが飛んで来ます。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/d1e0.jpg?BCz_IkJBKRs0Op0o

棟内はとにかくデカイというのが第一印象で、踊り場から放射状に宿泊棟が広がる様はラスベガスのホテル群を彷彿とさせます。

宿泊費はファミリー・タイプで一泊5万円強で、ぴたり草レース1回分です。
壁をくり貫いた子どもベッドが風変わりですね。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/2cbf.jpg?BCjSJkJB8n5KQcog
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/3d73.jpg?BCjSJkJBQdIqSg2c


夜、妻の友人家族が来たという事で再び園内に引きずり出され、パレードと花火まで鑑賞して22時にオツトメ終了。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/f02b.jpg?BCjSJkJB5OhrZ93N

翌日はディズニー・シーに河岸を変え、これまた21時の花火まで見送りました。


まとめ;ランド目の前にあるホテルは確かに便利で、駐車場も日帰り客とは別でスムースなチェックイン可能です。
宿泊費もあの規模と人員を備えれば妥当なところでしょう。事実、年内は予約が入らない状況です。
30分前に園内に入れるサービスは、ちょっと教育上いかがとは思いますが。
滞在費、入場料もろもろで大台超えとなりますが、丸2日間塀の中で過ごすとそれなりの隔世気分に浸れます。
スイート・ルームは50万円で、サプライズなサービス付きだそうです。

@シンデレラはやっぱり王子様がお気に入り。

東京ディズニーランド ホテル 2

この週はハロウイーン・ウィークという事で、多くの子ども達が仮装来場していました。
愚娘も、はるばるアラモアナで仕入れてきた犬のぬいぐるみで武装です。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/1993.jpg?BCjr2jJBRSt.9Jki

レストランで偶然にも、犬の親玉に遭遇しました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/d369.jpg?BCjr2jJB3aJhQ1yr

その時のリアクションが絶妙で、居合わせた客達もおおいいに楽しんでいました。
このあたりサービス精神は流石ですね。
*この時のやりとりを動画アップしたでのですが、管理事務局に削除されてしまいました。ランド内の様子はすべて著作権・肖像権に抵触するという事なんですね。
勉強になりました。
http://f.flvmaker.com/player.swf?id=0jxcQpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosy7NOmWQY2kkfLA_RQK.lFQs&logoFlg=Y

午後3時過ぎまで6時間強、園内を引きずり廻され、ほうほうの体でホテルに逃げ込みました。
ボート釣りの10時間より余程疲れますね。

この夏鳴り物入りでオープンした、ディズニーランド・ホテルにチェックインです。
空を圧してそびえる建築に圧倒されます。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/d2ca.jpg?BCT.2jJBixcvJn6S

つづく。。。

東京ディズニーランド ホテル

10月最終週に1泊2日で、舞浜のディズニーリゾートに行ってまいりました。
まあ普段独身のような生活をしている、みそぎ旅行ですね。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/b33d.jpg?BCDehjJB7W1NJnMz

朝7時前にマンション出発し、開場と共に場内に入りましたが、平日にもかかわらず物凄い来場者にたじろぎました。
夢の国に不景気は無関係のようです。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/19c0.jpg?BCDehjJBTkv3xe6F

アーケードは通勤時間帯の新宿駅と何ら変わりありません。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/54ea.jpg?BCDehjJBwp7EjGPC

まず、「ミッキーマウスと写真を撮れる」という小屋に向かいました。
10分ほどで到着するとすでに長蛇の列が。
ミッキーに会えるまで90分待ちだそうです。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/4866.jpg?BCDehjJBjqqbjjz5

こんな写真を、、、窮鼠類と写る為に1時間半とは。。。
出だしから打ちのめされたのでした。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/4828/__sr_/9d20.jpg?BCzwhjJBLzkQ3B_Y

つづく。。。

サーフ トローリング

WEB上で面白い仕掛けを発見したので取り寄せてみました。
バクダンを遠投・巻き上げて、水しぶきを上げながら集魚しようというものです。
ボート・トローリングの応用ですね。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/ba83.jpg?BCuoiiJBtaCUB63v

忍者サスケのごとく背中に竿をくくりつけ、トレイル車で早速サーフ入りです。午前5時半。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/dfbb.jpg?BCuoiiJBbAdNbfds

遠投は初体験なので、方向・距離を出すのに難儀しました。
10投ほどすると、安定して50メートルくらい投げられるようになりました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/2a86.jpg?BCuoiiJBYLsvAfoB

地元のサーファーに引っ掛けないようにせねば。。。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/3898.jpg?BCe7iiJBF0FuN4E.

ほんの波打ち際で、魚が掛かります。
メッキといわれる、ろうにんアジ等の平べったいアジの幼魚です。
小1時間ほどで腕が上がってしまい、数枚持ち帰って母親と朝飯に焼いて頂きました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/2f45.jpg?BCe7iiJBAXIDiKUe

もう少し技術を上げて、100メートル遠投が出来れば青物回遊魚が来るかもしれません。

海鮮鍋

11月に入り、朝晩の冷え込みがきつくなってきました。
先月は天候不順で出航キャンセルとなる日が多く、沖に出たのはたった1日のみでした。
一昨日、めいず・N師匠との西湘ダンディーズ(仮称)鉄壁トリオでの2ヶ月ぶりの釣行となりました。

午前5時半、夜明け前。
出航を待つそれぞれのアングラー艇。
この時期、出航する船は100パーセント釣行です。
各人健闘を誓いながら、それぞれのポイントに散って行きます。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/de6e.jpg?BCDBchJBvs7Q5hPc

今回は、それぞれ2時間ずつの受け持ち時間でポイント移動してのリレー五目釣りとなりました。
朝まずめのゴールデンタイムはオーナー特権として小生が頂きました。
当然、トローリングです。
ロッドを所狭しと、ニョキ・ニョキ方々から出します。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/5f39.jpg?BCjmchJBKcCAby59

実績のある三ツ石~湯河原間を流しましたが、クリック音がありません。
連休初日とあって多くの船が出ていますが、竿が曲がっている様子はありません。
ナブラ・鳥山もほぼ無しの状態で、暫く回遊しましたが持ち時間の2時間が終了となりました。
トローリング・ロッドを仕舞い込み、コマセ・アミの大バケツがドド~ンと艇内中央に鎮座し、乱獲の開始です。
各々の担当ポイントを深場200メートルを含んで渡り歩き、午後4時過ぎまでの都合10時間以上のファイティングとなりました。
入れ食いといった状況はありませんでしたが、コンスタントに釣れ続けてそれなりの釣果となりました。

最後に、再びトローリング・ロッドを差しての帰路となりましが、
この時期、思わずのメーターサイズのシイラがヒットしたのには驚きました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/63ea.jpg?BCjmchJBi_ih7mnK

クーラー・ボックスはパンパンで、シイラは場外です。
真鯛・甘鯛・イトヨリ・鯵・しろムツ・カワハギ・ウマズラ・シイラetc
釣りというより漁といった感じですね。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/b6b6.jpg?BCT5chJB_EmldscW

ごとう君はじめご近所さんも呼んでの、お刺身&海鮮鍋パーティーとあいなりました。http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/f738.jpg?BCT5chJBml0H0V.z

P.S.
本日、シイラをガーリックオイルで焼いて頂きましたが、これが一番旨かったかも。

相模湾クルーズ 2

今回の遠征は釣果は二の次でして、海岸線をのんびりと流すのが主な目的なのです。
本当は大島や下田あたりまで足を延ばしたいのですが、トローリングスピードだと片道5時間以上掛かりそうなので、川奈沖あたりを折り返し地点と定めました。
時速10キロ程度でラジオを聴きながら(CDでもFMでもなくAMラジオが風情があってよろしい。)、このくらいのスピードだとエンジン音も気にならず、側舷をシャーシャーと波を切る音のみが続きます。

熱海市街です。
車だと20分の距離ですが、すでに1時間経過しています。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/ec97.jpg?BCqTcgJBsNn2lmEd

多賀あたりで、地元漁師がトローリングしていました。
大物の青物狙いでしょうか。
小生のようにふんぞり返って飲酒運転してはおらず、両手で懸命に仕掛けを上下にあおって居ました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/7d84.jpg?BCqTcgJBnffUpuzg

伊東を過ぎたあたりです、海の藍さ・透明度が増してきました。
海岸線を単車やオープンカーでドライブするのも気持ちよいですが、逆に海上から半島の稜線を眺めながら流すのも格別です。
ノーヘル・飲酒ってのがこたえられません。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/7767.jpg?BCqTcgJBRqnK9.lw

川奈手前、小島との間隙の難所を通過します。
魚探では水深10メートルを切っており緊張します。
得意の脚操縦を中止し姿勢を正します。
直後、本日2度目のクリック音!
が、またもイナダ君でありました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/e3e4.jpg?BCamcgJBPscKEqK3

川奈灯台に到着。
時計は9時を廻っており、出航より3時間以上経過しています。
ラジオではアナウンサーが、東証1千円近くの暴落をヒステリックに語っています。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/1c12.jpg?BCamcgJB3WEEeoU2

川奈ゴルフ場の有名な海沿いのロングホールとクラブハウスが見えます。
いったいどれだけのゴルフボールが海に沈んでいる事でしょう。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/c7f5.jpg?BCamcgJB_nRL_bnM

折り返し地点なので、試しに釣り糸を垂れてみました。
コマセ・オキアミです。
五投ほどしましたが、当たり無し。
エサも取られていない状況なので中止、ゴルフボールの影響でしょうかね。

初島に向けてフルスロットルをくれました。
YAMAHAのV6/250馬力が火を噴き、15分で到着です。
いいかげん徐行運転にも飽きていたので、宿便すっきり取れました。
ほとんど飛んでました。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/be59.jpg?BCamcgJBke3NJ8o4

初島裏のいつもの鉄板・鯛ポイントでコマセを打ちましたが、この日はサバ・ソーダばかりでした。
もう一つの福浦・鯛ポイントでごく小型の真鯛と数枚のカワハギを揚げて午後1時の沖揚がりとなりました。
釣果としてはまあ、こんなものでしょうか。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/2173d20c/bc/5eb5/__sr_/d3ea.jpg?BCamcgJB.XA7247z

まとめ:
今回、初のソロツーリング・リレー釣りを敢行したわけですが、旅の真髄はひとり旅ではないかと思いました。
もちろん仲間との旅は楽しいに決まってますが、ひとり旅と言っても全く予定を立てない訳でははなく、むしろ前の晩から海図を眺めながら綿密な計画を練って居ます。
前日から旅が始まっている訳で、一人であるからこそ自分勝手なルートが描ける訳で、それがまた実に楽しい。
旅の当日でも、一人であれば大胆なルート変更、朝令暮改もへっちゃらです。
人生にとって「旅」は教育とおなじくらい大切だと言う人がいましたが、全くその通りだと思います。
そして出来れば一人旅が良い。

「旅行」と「旅」の違いを感じた一日でした。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR