マイケル・ジャクソン

マイケルの訃報が世界を駆け回った。
プレスリー、カレン、ジョン、、、急逝したミュージシャンの中でも、マイケル・ジャクソンほど世界中に席巻し、メディアを沸かせ続けた人物は居ない。
空前絶後、スーパースターの中のスーパースターだ。
10人兄弟が折り重なるように過ごした、ボトムエンドの黒人集落から這い上がり、夢の城主となり、そして醜聞と破産。

CDラックから四半世紀前に購入した、ケースの蝶番ががたついたアルバムを取り出した。
1億枚を売ったという「スリラー」だ。
リリースされた1982年は、CD元年でありレーコードと併売されていた訳だが、この年貯金を取り崩してSONYのCDプレーヤーと2枚のCDを買った記憶が蘇る。
フィリップス社のイムジチ「四季」と、SONYミュージックの「スリラー」だ。
当時フィリップスが4,500円、SONYが3,800円だったと記憶している。
大学の教養課程だった小生には大きな買い物。
レコードのスクラッチノイズの無い、無音からの圧倒的なハイファイサウンドに腰を抜かすほど驚いた。
ボリューム位置を間違えてスピーカーを飛ばした、老人が突然音に心臓発作を起こしたetc,,,流布が絶えなかった。
この後、小生は最近に至るまで1枚のレコードも買う事は無かった。
「スリラー」を久々に崩れるような大音響で聴いた。

個人的には老醜を晒したであろうイギリス・ツアー、キャンセルになって良かったと思って居る。

合掌。

スポンサーサイト



プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR