シロコロ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

グルメネタばかりで申し訳ありません。
昨年、B級グルメの祭典B1グランプリを獲った厚木のホルモン焼き・シロコロを食してきました。
職場の同僚3人。
厚木郊外の国道412のロードサイドの店で、HPは無いようです。
まず、ラーメンドンブリに盛られたキャベツの千切りに圧倒されます。

豚のホルモンをひっくり返した状態で網に乗せ、焼きあがると筒状になるのがシロコロ命名由来です。
筒に肉汁は包まれて大変ジューシーで、食材の鮮度も良く臭みがありません。
歯ごたえのある食感も最高です♪
他に、タン塩やカルビも注文してましたが、お構いなしにシロコロの皿だけが積みあがりました。

さすが、激戦の全国大会を制しただけはあります。

スポンサーサイト



木更津グルメ 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

橋を降りて、木更津より千葉に上陸しました。
川崎側のオフィスビルやコンビナートでごった返す雑踏とは打って変わって、のどかな沿岸風景が続きます。海苔や、ワカメを採る手こぎの和船が並び、海を挟んで東西では全く違う国のようです。
インターを出て10分ほど走ると、漁港の脇に目指す海鮮問屋が見えてまいりました。
大型倉庫を改造したという店内はワイルドな雰囲気です。
地物の海鮮食材を生け簀からバットに取り分けてレジで清算して、テーブルのコンロで焼きます。
それぞれ旨かった中で、アサリのバター焼きは思わずお代りしてしまいました。
ラッキーにも運転手がゲコだったので、思いっきり杯を重ねてしまいました♪
アサリご飯で占めてから駐車場に戻ると、品川や横浜ナンバーに混じって鳥取や徳島から来ている車があるので驚きました。
これも高速1000円の効果なのでしょう。
しかも、この8月からは森田健作・千葉知事の尽力で平日を含めてアクアライン通行料800円となりました。
以前の価格は良く判りませんが、開業時は片道6000円だったと記憶しております。

四国から来る価値があるかは微妙ですが、今回は都内のホテルを11時に出て帰着は15時前でした。
京浜地区の皆さまのショートトリップにはお勧めコースです。

http://r.tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12000900/

木更津グルメ 爆走偏

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

旧友が地方より上京しました。
「何処か案内せい」と言うリクエストに、当人車好きの大食漢とい事をかんがみてZ4を運転させての、アクアライン爆走&海鮮グルメと相成りました。
都内ホテルにピックアップしてステアリングを渡し、湾岸高速からアクアトンネルをクローズドルーフにて爆走。
スポーツモードでの素早いシフトレスポンスを楽しんでもらう。
エンジンそのものよりも、このシフトワークが著しく楽しい♪
この20年程の車の進化で最も甚だしいのは、トランスミッションに違いありません。
通称アクアラインは神奈川寄りから6割くらいの行程を海底トンネルで進み、残りは海上橋で繋ぎ千葉に上陸します。
そのトンネルと橋の接合部に海ホタルというPAがあります。
その海ホタルに寄り、バリオルーフを開けて東洋のキーウェストを満喫しました。マイアミ・バイス、ドンジョンソンと呼んでください。
ルーフの開け閉めを初めて外から見ましたが、規則正しいロボットの様な動きには改めて感心しました。
半世紀前の車輛設計技師が見たら、きっと腰抜かすと思いますよ。

グルメ内容はまた後日、、、

フジサンケイ クラシック

ご存じのように、今年のフジサンケイクラシックは遼くんの圧勝となりました。
本年度もZ4で河口湖迄ドライブ&観戦に行く予定でしたが、娘がおたふく風邪に罹ってしまい、仕方なくTV観戦となりました。
昨年度の観戦記↓
http://blogs.yahoo.co.jp/liberojbl/54980441.html
昨年、ツアー2勝目は近いと予想はしてましたが、あれから何と4勝もしてしまいました。
今回は鉄壁の横綱相撲、予選ラウンドの片山&丸山も完全に壁の花、刺身のつま状態でしたね。
遼くんの、「夢のような組み合わせ」
社交辞令のコメントがむなしい。

このところ街のドライビングレンジが混雑しています。
平日の午前中などガラガラだったのが、最近は満席に近い状態です。
ゴルフ場の予約も、ゴールデンタイムは取れない状況になっています。
遼くん一人の経済効果は、高速無料化に匹敵しうるのではないでしょうか??
今年の賞金王は決まりですね。
ジャンボ尾崎の26歳の記録を遥かにオーバードライブしての、18歳での最年少記録。
間違い無くゴルフ界始まって以来の何十年に一度などと言うのではなく、今後未来永劫出る事のない至宝でしょう。

彼の日本ツアーでのモチベーションが何時まで続くかが心配です。
今年賞金王を取ったら、来年の主戦場をUS PGAに移すのではないかと思っています。
石川遼にどっぷりと寄りかかっている日本ツアーが、ハシゴをはずされたら、、、、どうなってしまうのでしょう。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR