歌謡曲はドーナツ盤で聞くべし

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

レコードの音が良くなった事もあって、オークションでディスクを買い漁ってます。
45回転シングルレコードが面白い。
相場としては200~500円くらいです。
コレクターズアイテムなんて物はありません。
中には10円で約定した商品もあり、売り方買い方ともにヤケクソです。
小生のターンテーブルはモーターが定速度タイプなので、ドーナツ板はアダプターをセットして、ベルトを別プーリーに掛け替えなくってはなりません。
3分の曲を聴くのに、2分の準備時間です。
しかし、その手間ひまが又楽しい♪
寿司屋のカウンターで、ひと品ずつ楽しむワクワク感があります。
(写真を見て、懐かしいと曲に膝を打って喜んでいる閲覧者は、アラファイブの方々です^^)

歌謡曲はシングルに限ると思ってます。
アルバム化や、ベスト盤なんてのはよろしくありません。
デビュー曲イコール代表曲という歌い手は多く、一発屋として消えていった歌手は数知れません。
そんなデビュー当時の初々しさがドーナツ板にはあります。

中学生の時、小遣いが月2000円でシングル600円は途方もない金額でした。
FMレコパル片手にエアチェックに励んでいたわけですが、ここにきて生レコードが買えるようになり、こんなに良い音で当時の情景が蘇ってきて、涙がでそうです。

スポンサーサイト



特典写真 その2

イメージ 1

イメージ 2

弾薬庫を離れ指令室に戻ります。
まさに要塞ですね。
居並ぶ10インチリールには実弾が装填され、出撃体制が整っております。
今回は2インチのマスターテープを聞かせて頂きました。
坂本龍一のスタジオ録音風景で、スッタフを恫喝するシーンは背筋が凍りました。
彼は怖い人ですね。。。

EMTターンテーブルは、世界に数十台しか生産されなかったコレクターズアイテムという事で、1枚100キロの鋼鉄板を四方から打ちつけるように(計400キロ)ラッキングされています。

何だか、人様の財布の中身自慢しているようで情けないですが、これだけの物量を投じたシステムを知りません。
その投資額もさることながら、単にハイエンド器材を並べているのでは無く、その大胆・豪快なアプローチも類を見ないものです。

音に関しては、一兵卒が語る資格はございません。

特典写真 その1

イメージ 1

ちょっとの事では驚かないであろう、DW'sな面々も、この写真では腰抜かした事でしょう。
アンプ室には、あのレビンソン33Lが6ペア、12柱が並び、アキュのデジチャン4台が無造作に置かれています。
SS誌取材の際、S御大が覗き「バカな事はやめなさい」と一蹴されたそうです。
あまりに異常な光景に、この部屋の写真は紙面を飾る事は無かったのです。

さよなら ミゼットⅡ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ミゼットⅡを売却しました。
なかなか愉快な車で、家族にも人気があったのですが、あまりにも「遊び」に振り過ぎたようでした。
どこに行っても目立ちすぎるのと、俺には似合わないなと。
東名高速は怖すぎるので、国道1号・東海道にて上京しました。
小田原~大磯~平塚~鶴見、かつての宿場町経由で江戸へ。
ジャスト制限速度での旅は、どうしてなかなか楽しかった♪。
自論ですが、車も電車も時速100キロを越えると、旅でなくって単なる移動になる思っています。
街道沿いに軒を連ねる小さな家屋を眺めながら、「それぞれの一つ一つに家庭があり、笑顔があるんだなあ。。」生活の中心は家族なんだと実感。

1年ぽっちの蜜月でしたが、思い出深い車でした。

男子厨房に立て

イメージ 1

イメージ 2

@イサキのアクアパッツア@

最近、釣りよりも料理が楽しくなってきました。
遂に、スーパーに魚買いに行ってグリルするに至っております。
アクアパッツアとは、「暴れる水」という意味だそうです。
塩で〆た魚をオリーブ油でコゲを付けて食材を放り込んで、熱いフライパンに一気に水をぶっかけて蓋をします。
蒸気で蓋がガタガタしたら、火を止めて5分くらい蒸してから盛り付けます。
下ごしらえ20分、調理時間10分。

その昔、少年ジャンプの「包丁人味平」を見ながらチャーハンを作り、妹に無理やり食わせていました。
今は、よわい4つの娘が被検者です。

GW 後半

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

妻子が帰省し、酒池肉林の日々が続きました。
ランチは初島のハーバー、夜は拙宅で。
これほど快晴・無風の続いたGWは記憶にありません。
結局、大物は釣れませんでした。
いろんな人間がゴチャゴチャ竿出すと、魚が散っちゃってダメですね。

GW 前半

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

僭越ながら、今年のGWは7連休を頂きました。
今年は、素晴らしい五月晴れが続きましたね。
前半は娘のご近所さんの来訪を受け、さながら遊園地状態でした。

後半、妻子は横浜の実家に帰り、アルコール依存症患者達での、連日の海上・陸上で酒盛りで、ビール100本以上、ワイン30本、日本酒・焼酎で同じく30本が床に転がりました。

都内からの往路は、ロマンスカーの展望席を奢りました。
娘よりも小生が夢中になり、窓にかじり付いておりました。
夜明けを待って単騎出漁し、子供達が目覚めるころに帰港して料理大会を楽しみました。
料理というより、粘土遊びに近いといったところでしょうか。
とにかく黄色い声が絶えない(はっきり言ってうるさい)、前半戦でした。

後半戦につづく、、

嬉しい外道

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

真鯛狙いの外道でマハタが来ました。
50センチオーバーの良形で、このサイズは相模湾では珍しいです。
魚屋には並ばない、料理屋直行の高級魚。
真鯛の事などすっかり忘れ、大切にクーラーに収めてサッサと帰港しました。
こういう番狂わせが釣りの醍醐味ですね。

頭側は、煮付けにして頂きました。
旨みの乗った脂と、しっかりした食感がたまりません。
親子3人、チャンバラ劇のごとく箸が舞いました^^
残りは二晩冷蔵庫で寝かせて、馴染みの寿司屋の暖簾をくぐりました。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR