0番アイアン

イメージ 1

国内、米国ともに、PGAツアー後半戦に突入しました。
両陣営、それぞれ石川遼とタイガーウッズの動向に釘付けとなる事でしょう。

石川が新しい懐刀、「0番アイアン」を差している。
小生も、ガレージから古いドライビングアイアンを引っ張り出し、キャディバッグに放り込みホームコースへと向かった。

地べたから打つのは流石に無理があるが、ティーアップすればフェアウェイウッドよりもシャフトが短い分、ミート率が高いようだ。
ライナー気味の棒球で良くランが出て、クリークよりも前に出るような気がする。
左右が狭いホールで、これは武器になるなあ。

スポンサーサイト



I Love marimekko

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

それぞれのご家庭に贔屓のブランドがあると思いますが、拙宅のお気に入りはマリメッコです♪
北欧ブランドは癒されますね。
車もSAABにするかな。

プリウスはヨドバシで売るべし

イメージ 1

訳あって、弟のプリウスをしばらく預かる事になった。
エネルギー・モニターを眺めながら思った。

こんなの車じゃない。

白物家電だな。

住宅ローン

イメージ 1

yahooトピックスに、「住宅ローン獲得競争」、云々の記事が載っていたので、試しにと近所の他行支店にアポイントを取り、給与明細とローンの支払い計画書の写しを提出しました。

翌朝、携帯が鳴り、「変動利率現状の1.8から0.9パーセントになります、このままの利率が維持されたとして、総額800万の節約になります」との返答がありました。



なんだ、それは、、、

言った(行った)者勝ちか。。。



メガバンク to メガバンクでの話ですからね。

これじゃあ、取る方も取られる方も戦々恐々となる訳です。



これから、結構膨大な資料を揃えないといけませんが、1000万近くが浮くならそんな労は厭いませんよ。



皆さまも、是非問い合わせしてみてください。

ゴロ寝システム

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日よりまた風が出てきました。
マリーナの僚船も桟橋で足止めをくってます。
手前の30フィートは大島、向こうの40フィートは新島遠征を中止した模様です。
小生もする事が無いので、リビングのソファーに寝転んで一日中、雑誌や小説を読み耽ってます。

メインのFUJIYAMを鳴らすと、どうしても音が気になり「調整」が始まってしまい、読書に集中出来ません。
CECヘッドフォンアンプには25W×2のスピーカー端子が付いており、要するにコンパクトなプリメインアンプとなっています。
FUJIYAMAの上に、JBLのミニモニター216番を乗せて鳴らすと、どうしてなかなか良い塩梅です。
深夜はそのままヘッドフォンアンプとして連続使用。

使い勝手の良い商品です。

帰港

イメージ 1

イメージ 2

昨日早朝、横浜航海に意気揚揚と出発しました。
妻には「2時間ごとにメールを入れるから、連絡途絶えたら捜索願いを出してくれ」と打電。
マリーナーのスタッフからは、安全に沿岸沿いのルートを勧められたが、真沖を進んだ。
その方が、大きい魚が掛かるからだ。
妻の実家には、あわよくばメジマグロ、最低でもカツオ2,3本ぶら下げて行く予定でした。
順調に航行し、30分ほどで大磯沖に達しそろそろトローリングの準備をしようとした矢先に、エンジンが咳き込み始めた。
アクセルをあおったが、吹けません。
そのまま、ストールしてエンストしてしまいました。
半径100キロの相模湾のど真ん中です。
最も直近の沿岸に垂線を引いても軽く20キロを越える状況で、これには流石に狼狽しました。
廻りに船など一杯もなく、遥か彼方に輸送船かタンカーが見える状況でした。
セルを回すとエンジンは掛かりますが、アクセルを入れると少し進んで再びストールしてエンストしてしまいます。
「漂流」の文字が浮かびました。
ジョン万次郎は、八丈島沖で発見されたらしいが。。。
海上保安庁に救助を求める前に、やれる事はやろうという事で30分ほど試行錯誤を繰り返すと、だんだん状況が把握出来てきました。
エンジン掛けて、ゆっくりスロットルを開くと問題が出ない事。
そのまま2000回転以下であれば、ストールする事なく巡航できる事。
4000回転以上に上げると咳き込み始め、エンストする事。
以上から燃料系のトラブル、恐らくフィルターの目詰まりだとの確定診断を得て、2000回転10ノットで2時間かけて帰港しました。

小生の予想通り、燃料フィルターは真っ黒な状態で、清掃後は素晴らしい吹け上がりを見せました。
作業を終わると昼前となって、再就航も可能な時刻でしたが、出鼻くじかれテンションは下がり、そのまま港を後にし自宅で高校野球の観戦となりました。

今回の教訓は、遠征の際は入念な船体整備をすると共に、海上である程度の修理が出来るスキルとツールは持ち合わせていない。といけないという事でした。

横浜へ

イメージ 1

波風が収まったようなので、妻の実家のある横浜のベイサイド・マリーナに寄港する事にしました。
図のような航海計画です。
ゆっくり途中釣りしながら、4時間くらいの行程かな。

チョンガー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夏休み、妻子は実家に帰ってしまった。
一週間、あえて全く予定を入れなかった。
思い付くままの、「くう・ねる・あそぶ」だ。

昨日は沖にトローリングに出ました。
狙いは戻りカツオの初期ロッドです。
江ノ島の近くまで、往復3時間余り引っ張りましたが、何も釣れません。
8ノット・時速15キロでゆっくり流します。
小田原~二宮~大礒~茅ケ崎、沿岸の街並みをの眺めながらの酩酊運転が実に気持ちが良い。

別に釣れなくてよい、何か掛ったら面倒だよな、、、(笑)

今日は風が強くて沖に出られないので、読書です。

モニター・ヘッドフォン

イメージ 1

SONYのSTUDIO MONITOR CD900STを購入しました。
業界では定番中の定番商品です。
最も感心したのは、その装着感です。
半密閉型のイヤーパッドは当たりが大変自然で、装着を忘れてしまうほどです。

前頭葉に定位する音の集約感は独特ですね。
検音的な聴き方(楽団員の譜面をめくる音とか、会場のエアコンの音が聴こえるとか)が好きなな人間にはたまらない世界だと思います。

何よりも、周囲に気兼ねなく爆音を満喫出来る事、チャンデバを含めた数台のパワーアンプを落とせるのが、この猛暑には助かりますね。

1年点検

イメージ 1

イメージ 2

Z4の法定1年点検に出しました。
1年強で走行9500キロ。
半日コースで費用は2万円強でした。
ずいぶん安いなあと請求書を覗くと、殆どがコンピューター診断費用のみで、ワイパーブレード等の消耗品は無料となっていた。
納車後1万キロ近くで、いまだエンジンオイルの交換がされていなかったのには驚いた。
聞くところによると、ワーニングランプ点灯まで、およそ2万5千キロ迄交換不要との事でした。
昨今の部品精度の向上という事なのだろうか。
それにしても、まず1000キロ迄は3000回転で初回交換、その後3000キロ5000回転で交換、、、という様な教育を受けた世代にとっては不安ですね。

来年の夏には、車輛入れ替えを考えています。
どうやらドレンボルトを一度も抜く事なく、次のオーナーに渡ることになりそうです。

ブービー賞

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

タイガー・ウッズが不振を極めている。
今週はなんと、危うくビリになるところだった。
予選落ちの無い招待試合で、2日間で帰宅する事が出来ずにかえって醜態を晒す結果になってしまった。
あのタイガーが、、、
優勝者なぞどうでもよい、NHKの中継も葬式のようだ。
千代の富士が初日だけ勝って、後は全敗したようなもので、大相撲であればマゲを降ろして引退を余儀なくされるところ。
タイガーのあらゆる記録の中で、最も偉大で金輪際破られる事のない大記録は、デビューイヤーの1997年から2005年まで142試合予選落ちが無しだと思います。
8年間予選落ち無しですよ、、、
それだけ圧倒的な名手が18オーバーのブービー賞とは。

あの記録ずくめのマスターズ優勝以来、ゴルフ界は間違いなくタイガーを中心に廻っている。
タイガー好きも嫌いも、異論はないでしょう。
タイガー対その他の選手という図式。
桁外れの賞金総額も観客数もタイガー1人で運んできたものだ。

世界中が、次の一勝を固唾をのんで見守っています。

NY & Boston TIMES SQUARE

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

あのマドンナが故郷からNY行きの長距離バスに乗り、持参金35ドルを握りしめて降り立ったのがマッハタンのミッドタウン、タイムズ・スクエア。
1977年、19歳の時です。
摩天楼を見上げながら「私はこの世界で神よりも有名になる」と誓ったそうである。

平日の昼下がりなのに、もの凄い喧騒です。
人混みと交通渋滞は、渋谷のスクランブルの比ではありません。
多くのビルボードが設置され、巨大なディスプレイや電飾看板に圧倒されます。
年越しのカウントダウンは有名で、2000年には100万人が抱き合いました。

NY & Boston Wcup

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「アメリカ人はサッカーを観ない」、通説になっていますが、実際はどうなんだろうか。

折りしも今回の旅行はWcup期間中で、しかも日本が決勝リーグ進出という事も相まって、アメリカで中継が見られるか、大変に気を揉んでましたが、そんな心配は杞憂に終わりました。
全戦地上波ESPNで完全中継されており、スポーツ・バーも全戦中継。
目抜き通りには電光掲示板が設置されており、日本よりもよほど熱かったです。

パラグアイ戦は、女房・子供を追い出してホテルの一室に篭りました。
ドント・ディスターブです。
日本国内の、うるさい絶叫中継と違い、
淡々とした英語の解説が、かえって臨場感を高めました。

NY & Boston hotdog

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ホットドッグの起源は、BBQの際に皿が足りなくなって、焼き上がったウインナーをパンで挟んで渡した事に遡るらしいです。
ドッグスタンドで、プレーンのドッグを注文しました。
パンにウインナーのみ。
これで2ドルはちと高いな。
通はマスタードオンリーらしいが、ビギナーの小生はケチャップを追加。
SOHO地区を頬張りながら闊歩しました。

NYに居るんだなー、と実感。

NY & Boston breakfast.

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

かりかりベーコンにサニーサイドアップ(目玉焼き)、ハッシュドポテト&ホワイトブレッド。

small6

イメージ 1
 
この夏は、とにかく暑いですね。
久々の夏バテで、RED BULLをガブ飲みしてさらに体調を崩しております。
日中は空調の効いた部屋で惰眠を貪るしかありません。
昨朝、湯河原パークウエイに911で向かいました。
開門には15分ほど遅れましたが、バックマーカーに当たる事はありませんでした。
Z4とどちらが楽しいかと問われれば、正直Z4の方が楽しいです。
完璧にセットアップされた脚と、抜群のレスポンスを誇るパドルシフト。
ここに来て、3ペダルよりもセミオートマの方が楽しいと断言します。
圧雪されたバーンを、ロングエッジを外脚に乗せてターンする快感に通じるものがあります。
 
一方の911は、青光りするアイスバーンに放り出された感覚です。
ピーキーなエンジンに唐突な挙動のストラットリンク。
一発廃車の緊張感は、死の恐怖すら感じます。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR