ゆく年

イメージ 1

今年も残り僅かとなりました。
皆様はどんな年でしたでしょうか。
小生は年男でしたが、これと言った幸・不幸は無く、割と平穏な1年でした。
有名人のスキャンダルなどを散見していると、地道が一番だなと思う昨今です。
今は、娘の成長を見守るのが楽しい。
子供が出来て、自身も少しは変わった自覚はあります。
「子供は人生最大の教師」とは良く言ったものです。
妻に関しては、試練だと思ってます(爆)。

どうぞ、良い年をお迎えください。

写真は、アメリカの従兄弟とスカイプでアッカンベー。

スポンサーサイト



生録音

ローランドのUSBコンバーターに、ファントム電源機能が付いている事を発見しました。
早速、ごとう君を呼び出して生録を試みました。
マイクの位置によって、音色がかなり変化します。
試行錯誤の後に、ベストと思われるポジションでPCに放り込み24ビット再生。
ある意味、究極のマスタリング再生ではないでしょうか。
何も色付けの無い音は、大変に心地よいものがあります。
昨今のCD、特にクラシック音楽は不自然なホールトーンが乗ってる録音が多くないですか?
恐らく、小型のシステムでも良く聴こえるように音を加工しているはずです。
僕はあれが嫌いで、「優秀録音」と謳っているCDは避けるようにしています。
あんなCDで音作りをしていると、部屋の造りがどんどんデッドな方向に向かうはずです。
そういう部屋は入った途端に圧迫感があって、会話も不自然なんです。
自然な、日常の部屋の響きで音楽を楽しみたいのです。
だから、味の素を降らないで、素材のみを提供して欲しいと思います。
イメージ 1
イメージ 2

ピアノコンクール予選

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

娘が、こどもピアノコンクールの予選会にエントリーしました。
結果は見事な落選でした。

東京城南地区・小学1年以下のクラス。
総勢46名のコンペティターの内、上位5名が東京地区の本戦に駒を進める事が出来ます。
早々に会場入りすると、500人定員の本格的な中規模ホールでした。
ほどなく調律師が現れ、チューニングが始まると緊張感が増して行きます。
開会宣言の後に、娘は演者席に向かいます。なんと、けなげな後ろ姿なんでしょう、、、

各自3分ほどの持ち時間、課題2曲をこなして行きます。
さすがにオーディションに出てくる子供は、発表会レベルを遥かにしのでおり、5,6人の演奏を聞いた段階で、予選落ちを確信しました。
ほとんどが小学生で、2学年の壁はいかんともし難いのを実感しました。
50音順、オオトリを務めた娘で、演奏も練習通りにいきましたが、ボディウムに登る事は叶いませんでした。
帰りの東横線、夫婦は葬式のようでしたが、娘はあっけらかんとしてました。。。

今回感じた事は、華やかな入賞者の影にその何倍もの敗者が居て、それぞれに家族が存在するって事です。
ちと、大袈裟か。。。

iTunes

PCオーディオ用にWindowsからMacに入れ替えたのに伴い、音楽管理ソフトもMedia playerからiTunesに移行しました。
このソフトは本当に出来が良いと思います。
当然iPadとも相性も抜群で、暇さえあれば音楽探しに明け暮れています。
iPadは画面が大きい(大き過ぎない)ので、プロモーション・ビデオが楽しい。
昨晩も好きなカバーを深く検索して行ったら、興味深いアーティストを発掘しました。
Jamie Cullumという青年で、英国人。
割と有名らしいけれど、僕は初見でした。
ジャズともロックとも、ポップともつかぬジャンル不明で、顔はジョン・カビラ、声はビリー・ジョエルに似ています。
 
元来はスイング・ジャーナルや、音楽の友などの推薦書評を参考にCDを買う事が多かった思いますが、こういった感じで演奏家と偶然に出会い、ポチッとクリック購入出来るのが、PCオーディオの醍醐味の一つではないでしょうか。
イメージ 1
 

iPad

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

PCオーディオのリモコンとして購入したiPadですが、今や手放す事の出来ない、生活の句読点のような存在になりつつあります。

海外ファンド

イメージ 1

実質ゼロ金利が延々と続いてます。
100万1年預けて、金利は100円ですorz。

友人が海外ファンドでボロ儲けしている。
リーマン直後も8%で廻していたそうで、直近は15%の実績という。
再三誘われていたが、数年前に相場で痛い思いをしていたので逃げ回っていました。
しかし、彼は単なる顧客であり、小生を引き入れてても何もメリットも無く、どうやら一緒に果実を味わおうという事らしいので、乗ってみました。

2カ月の運用実績をご覧ください。
方や、100万1年で100円。
こちらは2000㌦2カ月で500㌦オーバー。

こんな事があっていいのか?
また報告します。

電子書籍

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

電子書籍元年という事で、メディアでは沸き返っている様ですが、周辺を見回す限りそれほど普及しているようには思えません。
知人でiPadを持っているのは2人のみで、電車の中で見掛けたのは一度きりです。
僕が電子新聞などを広げていると、好奇な目線を感じて、気恥かしささえ覚えます。
まだまだ世間でiPadユーザーは、好事家の域を出ていないようです。

電子書籍を利用して感じた事は、液晶画面は長時間眺めていると疲れる事と、硬いガラスの様な画面はかなり違和感あります。
輝度をぐっと落とすと、疲労感はかなり軽減されましたが、紙の質感と臭いに慣れた我々が受け入れるのには、容易ではないでしょう。
一方で、電子新聞はかなり利便性が高いと感じました。
産経の朝刊(月1500円)を契約しました。
毎朝5時に配信開始されます。
iPadの大画面の恩恵で、老眼の進んだ裸眼でも見出し確認が出来ます。後は見出しの記事を好きなだけ大きくスクロール出来ます。通信機能を利用して、奥へと立体的な用途も可能です。
さらに、新聞がフルカラー印刷になり久しいですが、再生紙を利用している関係で画質に限界がありましたが、Padでは比較にならない美しい画像が送られて来ます。
この寒空に、凍えながら新聞受けまで行く必要がなくなりました。
妻は新聞など読まないし、娘が学齢に達するまで通常版は解約しようと思っています。

CDが発表されて、レコードの販売数を抜くのに6年間を要しました。
書籍・新聞の市場の巨大さは、音楽業界とは比較にならないので、紙を追い越すには相当の時間が掛かると思いますが、紙の本を読むという行為が伝統行事となるのは、そう遠い将来では無いのかも知れません。

図書館

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

申告の時期です。
納税額に頭を悩ませている方も多いと思います。

図書館が画期的に進化しています。
館内の閲覧から、貸し出しまですべてIT化されていて、
老人や5歳児にも扱える簡便さです。
蔵書にはICチップが埋め込まれ、自動貸し出し機に数冊まとめて各自の図書カードと一緒に乗せると、一瞬に読み込み完了して貸し出し終了です。
さらに驚くことに、自宅からオンラインで蔵書の検索・貸し出し予約が出来ます。
しかも当該図書館に在庫が無い場合は、区内10か所の図書館から取り寄せ保管もしてくれます。
何と手厚いホスピタリティーなんでしょうか。
有料のTSUTAYAでさえ、ありえないサービスです。
どうしても見つからない場合は↓を。
http://metro.tokyo.opac.jp/

これなら、気持ちよく年貢が納められますね。

キッザニア

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

豊洲ララポート内のキッザニア東京に行ってまいりました。
メキシコ発の職業体験のテーマパークで、世界中に展開していますが、何故かアメリカや欧州先進国には上陸しておりません。
http://www.kidzania.com/
日本には4年前オープンし、各メディアで盛んに報じられていたのをご存じだと思います。
適齢に達した娘を連れて行きました。

50余りのパビリオンが出店しており、人気のブースは180分待ちと、お隣のディズニー・リゾートを彷彿とさせる活況ぶりです。
旅客機、ハンバーガー・ショップ、病院、歯科医院、動物病院を体験しました。
娘は大騒ぎで飛び回っていました、あんなに喜ぶ姿は久々に見ました。
開腹手術では、拘持ち、麻酔医を従えて執刀医の重責を果たしました。
(ポリープを切除し、トレーに移していましたね)

我々もパン工場の見学くらいした覚えがありますが、
こんな楽しい体験が出来るなんて、今の子が羨ましいです。

PCオーディオ その15

イメージ 1

イメージ 2

HDD→SDD 臓器移植が完了しました。
今のところ予後は良好です。
内臓のHDDは東芝製で、intelが収まった事で洒落た感じになりました(笑)
CPUが脳幹だとすれば、HDDは心臓であり、執刀には神経を使いましたね。
ブラックジャックか和田教授か。

実際の換装作業は訳無いです。
ビスを2箇所外してコネクターを差し替えるだけの、モノの5分で終了します。
それよりも、データーのバックアップやOSのインストール作業に時間が掛かりました。
回転物のノイズや電圧低下を気にするなら、この冷却ファンはどうなるのだ?と解決を見ないまま裏ブタを閉じました。
あまり神経質にならなくって良いのかもしれませんね。

表参道イルミネーション ver4.1

イメージ 1

イメージ 2

表参道のイルミネーションが復活して4年目を迎えます。今年はLEDを細かくして、梢の先の方まで伸ばしたとの事です。

普段、慌ただしく往来を闊歩している人々も、この時ばかりは歩調を緩めます。
各々、どんな想いでイルミネーションを眺めているのでしょうか。

今年もカウントダウンが始まりました。

PCオーディオ その14

小生のPCオーディオ解説は判りやすいと思ってます。
欧州やアジア人のネイティブでない英語って聞き取り易いじゃないですか。
あれと同じで、PCオーディオ初心者同士のやり取りで、難解な専門用語は無いですし。
僕だって、トレンドに乗り遅れないように必死なんです。
皆さん、歯喰いしばって頑張りましょう!
 

PCオーディオ その13

外付けドライブとして、インテル社のソリッド・ドライブを導入しました。
現状160ギガまで販売されており、320GBリリースも時間の問題でしょう。
小生は実勢価格15,000円ほどの80GBドライブ&アルミケースを購入しました。
これで、無圧縮150枚ほどのCDが取り込めます。MP3なら1,000枚。
HDD、SSD&CDの三者対決は年末の楽しみに封印しておきます。
現状、せっせと引っ越し作業に追われています。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
明日にでも、CD→HDD→SSDへのリッピング作業の動画をアップします。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR