輪番休業

節電の為、海に出ました。
イメージ 1

肉厚のソテーで夏バテを防止します。
イメージ 2


スポンサーサイト



レッドゾーン突入

今日は暑かった。
しかし、あすはもっとピンチ。
イメージ 1
 
皆で努力しましょう!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

東北縦断 2

被災地には、ある目的を持って訪れたのですが、後日慎重に報告したいと思います。
現地の惨状を目の当たりにして、一目散に帰宅して妻子の元に戻りたくなりましたが、14時間超の連続運転は危険と判断して、当初の予定通りにJAZZフリーク、オーディオマニアの聖地、一関ベイシーを7年ぶりに訪れました。

イメージ 1

夕刻に店に到着すると、すでに地元ナンバーのキャデラックが停まっていました。
いい構図です。
ベイシーにはアメ車で決まりですね、BMWは公営駐車場に置いてきました。
イメージ 2



イメージ 3
店内はこんなに暗かったか?
1sec F2.8 ISO1600 カメラでは補正が効きますが、肉眼ではコーヒーカップがやっと見える照度です。

イメージ 4
店主、菅原氏に挨拶に行くと、ここ一関でも揺れは相当なもので、店内はグチャグチャになったそうです。
そのまま閉店しようかとも考えたそうですが、気を取り直して53日掛けて復旧して、連休明け開店にこぎ着けたとの事でした。


















久々に聞くベイシーは、やはり熱いサウンドでした。
オーディオ的には決してハイファイとは言えませんが、惹かれます。
音に実在感あって、産毛でなくって剛毛が立っています。
菅原語録に、「そんな高い装置なら、イイ音で当たり前だろ」とありますが、
確かに、2世代も前の骨董品のようなアンプやユニットで、あの音を出してるのは凄い事だと思います。
イメージ 5
最後に聞いた、デュークエリントン。
一関の音は健在でした。

追記:菅原氏の体調不安も聞いていましたが、話した感じでは元気で血色も良好でしたね。

東北縦断 1

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昨年のロングドライブは、山形行客でした。
本年は、三陸と福島の被災地を廻ってまいりました。
往復1200キロの弾丸ツアーです。

digital copy

イメージ 1

イメージ 2

amazon でblu-ray買ったら、DVD盤も入っていた。
このDVDはiTuneを介して一度だけPC内にコピー可能で(プロダクトコード付き)、iPhoneやiPadと同期させて見る事が出来ます。

違法コピーや海賊版が横行する中、正規版を購入したユーザーには相応のおもてなしが受けられます。

3D Blu-ray projector その3

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

VPL-VW90ESの設置工事が完了しました。
三管巨艦砲の撤去から始まるのですから、容易ではないと思っていましたが、
設置完了、色出しは夜の8時を廻ってしましました。
12時間強の作業で、成田ーNYのフライトに匹敵します。

エアー・ジャッキまで搬入されて、ちょっとしたリフォーム工事の様相でした。

紫オジサン始め、3管原理主義者たちの立会いの元、170インチ・3Dの第一印象は、、、


おお、おおお、、、ポポポぽーん♪

turbo vs non turbo

イメージ 1

イメージ 2

先日の試聴会の後、会長の528と乗り換えてトンカツ屋に向かいました。
528は3L/NA 335は3L/turbo、要するに、同じエンジンの加給有り無しという事です。
車重はほぼ同じ。

小生は元来、過給機付きエンジンを忌み嫌っておりました。
加えて4駆も受け付けず、ウォーター・ジャケットにさえ違和感を覚える、直結マニアです。

欧州の enjine of the year を2年連続で獲得した、twin turbo に乗ってみてください。
過給機のデメリットは何も感じられません。
試乗した会長は、「これターボだったの?」と気が付きませんでした。
大排気量エンジンのリニアな加速とは違う、なめらかな滑走感はたまりません。
ボート乗りなら、プレーニングするあの感覚と言えばイメージ出来ると思います。

528iのストレート6の絹ごし感触に、さらに産毛を立たせた335i。
最新ターボの仕上がりには舌を巻きました。

ステレオサウンドでは負けましたが、エンジンではリードしたようです。

追記:528の乗り心地の良さには驚きました、ランフラットで遂にここまで来たかー。

危険な食育

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

娘曰く、やっぱり魚はアカムツだね! だと。
来年からの学校給食、大丈夫か?

AVALON Isis

モンテさんから、会長宅のISISが聞きたいから同行するように。との打電がありました。
梅雨の間隙を衝くように青空が広がる中、メタルルーフを収納して常磐道を北上します(防護服は未着用)。
 
被災したIsisは、浜松で美しく化粧直しが施されて、深いピアノ鏡面仕上げはオリジナルを完全に凌駕しています。
内部配線の見直しと、PADで武装し、パレット&ビオラから醸し出されるサウンドには仰天しました。
この豹変ぶりは、「ペテン師」 だ。
半年前と、全く違うではないか!
会長は、ルーメンの方が良いと言っていた。
「人間、ウソを言ってはいけません」
 
ピアノフィニッシュか、内部配線か、はたまたPADケーブルか。。。
会長が、例によって各種SPを聴かせてくれるのですが、同行した3名がすぐに、ISISに戻してくれと嘆願するのでした。
 
イメージ 1
持ち込みCDは、
リムスキー・コルサコフのシェエラザード。
 
フィギュア・スケートにも良く使われる曲で、直近ではバンクーバーのエバン・ライサチェクがこの曲で金メダルを獲りました。
 
 
 

技術点・芸術点、共に満点ではないでしょうか。
あえて不足を見つけるとすれば、馬鹿馬鹿しさですかね。
しかし、そんな物をこのSPに求めるのは筋違いでしょう。
 
午後からの仕事の関係で、2時間ほどでアンプを落としましたが、時間が許せばずっと聴いていたかったです。
 
 
展開部、なんと言うスケール感でしょう。完全に鳴らし切ってます。
 
 
エンディング、最高音の管とVnの繊細な調べ、JBLではムリ。
完璧な静寂感に脱帽です。
 
 
 
 
 
 

3D Blu-ray projector

SONYの新製品、VPL-VW90ESを導入する事になりました。
来週、設置工事です。
 
イメージ 1
プロジェクター到着に先んだって、アマゾンからソフトが届きました。
 
娘が大喜びすると思います。

iCloudに見るクラウド化する世界

iCloudがリリースされましたね。
 
偶然にも現在図書館で借りて読んでいる本と、あまりにも重複するので驚いてます。
 
イメージ 1
3年以上前の本ですが、現在のIT社会を見事に予見しています。
著者の見識には驚かされます。
 
イメージ 2
イメージ 3
興味ある方はクリックして読んでください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今までのリッピングの苦労は何だったのか。。。

レーザー治療

医療用レーザー治療の装置は各種ありますが、歯科用として現状最強を誇っているのが、Er/YAGレーザーではないでしょうか。
 
拙医院でも、M社製を導入しております。
イメージ 1
大きさ・重量、レビンソンの33HLに類似しております。価格は33HLペア価格の倍を超える、ハイエンド・レーザーです。
レーザーか、メルセデスか、マーク・レビンソンを買うか、ドクターの品性が問われるところです(爆)。
 
 
イメージ 2
治療前後、写真が悪く申し訳ありません。
このような、ごく初期のう蝕であれば効果的ですが、広範囲にエナメル質を削除する場合は、かなりの時間を要します。
この短所を改善すべく、今回はY社製のよりハイパワーの製品を検討中ですが、あまりパワーを上げると麻酔が必要になってしまいます。
悩ましいところです。
 
 
 
 
イメージ 3

ツツジ

例年より半月遅れで、蕾が弾けだしました。
イメージ 2
 
イメージ 1
若い頃は、草花なんぞ全く興味がありませんでした。
 
最近は、ゴルフのラウンド中にキャディーに花の種類を尋ねている自分が居ます。
 
ヤキまわったなー。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR