ケーブル格差社会

イメージ 1
ピアノ弾きのごとう君を招き、デジタルケーブルの試食会をしました。
俎上に上がったのは、ボストン物PAD、国産ハイエンドAETケーブル、そこいらに捨ててあったケーブル。
それぞれ、国内上代で26万、8万、700円のケーブルです。
 
つづく。。。
スポンサーサイト



リッチスタン

野田政権がスタートしました。
昨日の党首選をTV観戦していましたが、各候補で政策を論じていたのは、鹿野さんだけで、他の4名は自分の生い立ちみたいな事を語っていました。
この人達、政治理念なんて無いんだなあ、、と眺めておりましたが、確かに野田さんのスピーチは抜群に上手かったです。
前原さんも流石に饒舌でしたが、何だかハートが感じられなかったのは小生だけではなかったでしょう。
とにかく、この陰鬱な世の中を晴らして欲しいものです。
 
一方で、アメリカって国は逞しい。
リーマンなんて何時の話って感じで株価も戻っているし、同時不況で現状つまずいているようですが、必ず次の好景気が来ると思います。
 
アメリカは日本に比べてポルシェなんかも遥かにに安いし、生活用品も軒並み安いです。
ハイエンド・オーディオだって驚く低価格です。
アメリカの金持ちはいったい何にカネを使ってるのか不思議に思っていました。
 
図書館で面白い本を見つけました。
アメリカでのベストセラーだそうです。
イメージ 1
 
こういう金の使い方をしてるんですね\\
イメージ 2
旅行に年間50万ドル、家政婦達に30万ドルってのにたまげたのと同時に、車には8500ドルしか払ってません。
何だか恥ずかしくなってきました。。。nnn
 
ちなみに、フェラーリとか許されるのは、こういう世帯のようですorz
イメージ 3
 
しかし、やはり何時の日か新車のフェラーリを手に入れたい。
 
いいじゃないか、日本人だもの。   みつお

うなドン

昨日、御殿場近くのゴルフ場で2組でのプレイ予定でしたが、雷雲の発生ということで早々に中止決定。
レストハウスで暫く談笑の後、どこかランチに河岸を変えようという事になり、メンバーの一人が三島に旨い鰻屋があるという事で、それぞれの車を飛ばしました。
11時の開店直後に到着しましたが、2階建て店内はびっしり満卓。
都内の老舗をも凌駕するうな重の価格に驚きましたが、一口運んで仰天しました。
昨日まで、マイレコメンドはここでしたが、遥か50ヤードオーバードライブされましたね。
母親がウナギ大好物なので、誕生日に連れて行こうと思います。

東名を90分飛ばして向かう価値は、小生が保証します。
イメージ 2


先日、東大の海洋研究所のチームがグアム沖でニホンウナギの卵を発見し、世界中の関係者を驚かせました。
研究員の一人の出版物が、NHKのブックレビューに紹介されたので、早速取り寄せました。
卵発見前の、遠く南氷洋タヒチ等にうなぎの新種を追い求める東大のセンセイ方の珍道中、ユーモアたっぷりテンポの良いエッセイで面白いですよ。

イメージ 1

ハワイアンの夕べ

イメージ 1
 
小生の母親プロデュースのイベントが開催されます。
部屋中、衣装や舞台道具でごたった返しております。
イメージ 2
イメージ 3
見ていると面白そうで、思わず手を出したくなります。
 
天気も良さそうなので、フラに興味のある方は足をお運びください。
 
 
 
 
 
 

刺身包丁

料理人とって包丁は命です。
遠征釣行で最高のカツオを確保出来たので、金物屋で1,600円支払って刺身包丁を研いでいただきました。
イメージ 1
やはり、惚れ惚れするプロの仕事です。
青光りする研磨面を見つめていると、何だか魂が奪われていくようです。
法外な金銭を積む、日本刀収集家の気持ちが少しは理解出来ました。

見た目の美しさを重視する日本料理にとって、食材の美しさが評価の対象となる上に、
切れ味の悪い包丁で刺身を切ると、身に余計な力がかかって脂肪分がつぶされ、生臭みが出ると言われています。
最高の食材には、最高の刀で対応しましょう。
イメージ 2

娘が料理の下ごしらえを手伝ってくれます。
イメージ 3
イメージ 4

遠征終了

西伊豆は土肥の漁港に4時半集合なので、2時過ぎにはガレージを出ました。
久々のミッドナイトラン、CDは稲垣潤一。
イメージ 1

同行メンバーは、釣り師匠のN師、サーキット仲間のカッタネン、オーディオ仲間のめいず氏

初のカツオ&メジマグロ船は、戦いの場でした。
居合わせた客に声を掛けましたが、「地元だ」の一言のみで、無駄口を叩ける雰囲気ではありません。
イメージ 2

カツオの群れを見付けると、全速で先回りして仕掛けを投入して仕留める釣りです。
投入にもたついて居たりすると、容赦なく船長の罵声が飛びます。
これは、最低でも2年以上の釣り歴がないと無理。

イメージ 7
ポイントには数十船が集結します。
海はべた凪でしたが、各船が起こす波で大荒れです。
船に弱い人間は5分ともたないでしょう。

普通、釣り船は燃料節約でゆっくりと魚場に向かうのですが、
この釣りはフルスロットルで先頭争いをします。

めいず氏、ファイト中

イメージ 3
イメージ 4

だいたい、釣りに来る客はワゴンかワンボックス車で、セダンもほとんど居ない中、コンバーチブルで乗り付けるアホです。
イメージ 5
イメージ 6
しかし、帰路の伊豆半島縦断ドライブは楽しかったなー。
山肌にこだまする、ツインターボの炸裂音はたまりません。
釣りはコンバーチブルに限ります。





遠征

夏休みは後二日。
子守は終わり、妻子は帰りました。
イメージ 1
イメージ 2
 
明日は大物釣りに、伊豆半島の裏側西伊豆に遠征に行きます。
メジマグロ狙いです。
大型クーラーがトランクに入りきらないので、リアシートへ。
こんな時、4座だと便利ですね。
イメージ 3
イメージ 4
おとなしく、ワゴンを買えと。。。
 
ドライブはオープンでないと嫌なんです。

通電開始

Estimated Break-In Time: 175 Hours
 
随分と、勿体つけるもんだ。
キャバ嬢だって、そんなに焦らさんでしょう。
とりあえず、ネットラジオでも流しておくかな。
 
イメージ 1

from Boston

本日、ハンドキャリーにてブツが到着しました。
イメージ 1
あまりにゴツい電線に、犬コロもたじろいでいました。


超円高の恩恵で、本当に三分の一の価格で買えてしまいました。
イメージ 2

3D Blu-ray projector その5

三管を降ろす事になったきっかけは、やはり先の大地震ですね。
100キロ超の直撃は、どんなに頑強な人物の頸椎をも破壊すると思われます。
さらに余震の続く環境で、毎回のように光軸のアライメントを取る煩雑さには耐えられません。
原発同様に、地震大国に三管は不向きなのかも知れません。

SONYのVPL-VW90ES はG90の10分の一の質量で、10キロ強しかありません。
G90用に施工した基礎にステーを打ち込みましたから、震度20程度の揺れにも耐えうると思われます。
イメージ 1

現状、3Dプレーヤーの上位機種は出揃っていないようです。
小生としても、この企画が長続きするのか訝しく思っていますから、
とりあえず実勢価格3万円以下の、BDP-S470をレコーダーに上積みしました。
イメージ 2
このプレーヤーの最大の特徴は、起動の速さです。
ブルーレイ特有のPCの起動を思わせる、かったるさから解放されました。

AVセンターは、2世代前の5300ESですから、当然3Dに対応しておりません。
近日中にDA5600ESに買い替えなくてはなりません。
イメージ 3
お前はSONYの回し者か、と言われそうですが、
デザインの統一性と、増え続けるリモコンの数を減らしたいというのがあります。

今回のプロジェクターにはHDMIポートが2系統ありますから、
一方はAVセンターに繋いで、ブーレイレコーダー&PC入力を切り替え。
もう一方に、3Dプレーヤーから直結。
3Dの音声は、AVセンターのVIDEO入力に光デジタルで配信。
と、かなりややこしく自分でも分からなくなる事があり、上映前に手をこまねいて居ると、娘からやんやの催促を浴びせられます。。。
先の5600ESに加え、今月リリースされるこちらの新製品を導入すれば、娘から叱られる事も無くなります。

ほんの数年前までは、3管とスケーラーを揃えるだけで、新車のEクラスが買えました。
今では、夏休みのハワイ家族旅行を一回我慢すれば、めくるめくハイエンドホームシアターの扉を開く事が出来ますよ。 


3D Blu-ray projector その4

3D対応シアター後、1ヶ月経過しました。
どうせキワモノだろう、とタカを括っていましたが、映像に関しては殆ど違和感ありません。
むしろメーカーとしては、眼鏡の装着感を改善して行けば良いと思うほど、映像の完成度は高いと思いました。
 
改めてアバターで見比べましたが、2Dと3Dでは違う映画になってしまいますね。
皆様も、すでにBlu-ray,HD画像に慣れてしまって、一般放送やDVDは見られなくなっていると思いますが、小生はさらに病状が進行しており、標準のBlu-ray映像では平板な感じで物足りなくなりつつあります。習慣とは恐ろしいものです。
 
現状、3Dメガネが大人用4つ、子供用2つ。
イメージ 1
 
以前、ホームシアターのオーソリティーである、かくれ氏がホームシアターの極意を 「日常と隔絶した世界の構築」、と豪語していましたが、そういった意味で3Dは非日常を存分に満喫出来ます。
イメージ 2
イメージ 3

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR