オーディオ機材のクラウド化

「人生がときめく 片づけの魔法」
 
100万部超えのベストセラーですから、読まれた方も多いと思います。
小生も電子版をダウンロードしました。
イメージ 1
単なる整理整頓の技術書にとどまるだけでなく、著者の片付け人生を通して、綺麗な部屋がどれだけ人生に潤いをもたらすかを、あらゆる角度から綴っており、読み応えがあります。
さすがのミリオンセラーですね。
 
話は変わり、先日も告白したように小生のオーディオ・ルームはキタナイ。
ずっと、ストレスが溜まっていました。
原因のひとつとして、とにかく物が多い。
選書でも述べていますが、ちらかす人間の特徴として「物の許容量を把握していない」のだそうです。
ギクリ、、としましたね。
 
アンプやケーブル、ユニット類etc...、いつか再使用するかもしれない、あるいは故障した時のストックとして、、延々と物量が重なってしまいました。
イメージ 2
イメージ 3
著者も語ってますが、2年間使わないものには出番は永久に来ないそうです。
 
ヒビノやアマゾン、ヤフオクにユーズド・ショップ。
ネット上に商品が溢れかえっている昨今です、よほど特殊な機材でない限りパーツ類はまず入手可能です。
万一システムがダウンして、しばらく音楽の再生が出来なくなったとしても、我々はPA屋さんではないのですから、生活が脅かされる事はありません。
懇意のショップに依頼すれば、代替品を持ち込んでくれるはずですし。
 
だいいち、多大な物品を室内に抱える事自体が、コストとなると思います。
「在庫は業者に任せれば良い」と思うに至りましたので、バックヤードの機材は順次棄てるか、売却する事にしました。
スポンサーサイト



ラストパーティー

今年の残すところ、5日となりました。
皆様も、酒の切れない日々を送っていると思います。

昨晩は、ハイエンドケーブルAug-Line 主催の謝恩パーティーに参加致しました。
イメージ 1

クラブkei 大人の街赤坂、サカスよりすぐのライブハウス
イメージ 2

ユーザーでは無い小生は、通用口付近の末席で控えておりましたが、
社長よりDWs’の主宰者として紹介を受けると、列席者(複数の雑誌に載っているハイエンドな方々ばかりです)から「おー、いつもHP見てるよ、お前のブログもブックマークしているよ」
と声を掛けて頂き、恐縮してしまいました。

小生の職場の隣駅で初期のノーチラスのユーザーや、早くもSONYの4Kプロジェクターを導入されたハイエンダーを紹介され、早速訪問の約束を致しました。

これで、今年最後の宴席となります。

武藤社長、有り難うございました。




3Dメガネ

新型の3Dメガネを購入しました。
イメージ 1
軽量になって、眼鏡使用時の装着感もかなり改善されました。
これはCOOLです。
 
マルチチャンネル・オーディオと3Dの相性は抜群で、非日常性はかなりのものです。

旅券申請

娘の就学祝いで、3月にハワイ旅行に行く事になりました。
パスポートが失効しているので、都庁の旅券課に申請に行ってきました。
イメージ 1
子供は5年旅券までしか発行されないようですが、5年間でも写真は意味なさないですね。

そう言えば40年前は皆一回旅券で、数次パスポート(5年旅券)を申請する人はめったに居ませんでした。
それだけ海外は特別だったんですよ。

時代は変わって、生後6ヶ月のハワイ旅行では本当に難儀しました。
気圧の変化で娘が泣き続けて、周囲の客がブチ切れていました。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
親の都合で引きずり廻して、可哀想な事をしました。
就学前の海外渡航は控えましょう。

漁港の食堂

人には教えたくない。
皆さんも、そんな隠れ家を一つは持っているのではないでしょうか。
生来のBig mouthである小生には、そんな隠し事が出来るはずも無いので公表してしまいます。

この夏、福浦沖(真鶴と湯河原の中間)でキス釣りをしている時に、漁港の脇に目新しい食堂が出来ているのを目視確認しておりました。
その後失念していましたが、旧友が訪ねて来たのを機にどこか昼飯をという事で、かの福浦漁港に向かいました。

県道から福浦町に入ると、いかにも古い漁港のある町並みが現れます。
イメージ 1
イメージ 2

目指す食堂に到着しましたが、5、6台分の駐車場はすでに満車で「そこらに停めてくれ」との事でした。
イメージ 3

食堂の外観はこんな感じです。HPから抜粋。
イメージ 4


手書きのメニューです。
辺境の食堂にしては高い、というのが第一印象でした。
イメージ 5
小生はあら煮、連れは金目を注文しました。

倉庫を改築したという店内は、広々と開放感あります。
イメージ 8

待つ事15分


出て来た定食をみた途端に、価格の不満は消し飛びました。
イメージ 6
骨ごと食べられる、大アジの唐揚げにブリ刺身の盆がまず運ばれて来たので、金目定食を頼んだ友人も小生も、受注違いだなと思いました。
しかしその直後、どーんと金目を載せた大皿が到着したのには仰天しました。

こちらは、あら煮定食です、携帯の画角には収まりきりません。
運転は連れに任せてのビールです♪
イメージ 7
魚種を尋ねましたが、雑多な魚が混じってるとの事。
ご存知の通り、魚はあらが一番旨い。手掴みで骨までしゃぶったのでした。

もう正直、う○清なんか不要ですね。
オープン4ヶ月のこの食堂
年を越したなら、間違いなくブレイクすると思います。

急げ!


ストーブ・リーグ

ダルビッシュの入札が終わったようですね。
どの球団が、どれだけ積んだのか?楽しみです。
 
拙宅のシステムは、冷温休止に入りました^^
理由は寒いからです。
来訪された方は判ると思いますが、リスニングルームだだ広い空間で吹き抜けになっています。
しかも、住居人の母親は冬場は2階に巣篭もりしてしまいます。
建てつけも悪いので、この時期常に外気温となっている部屋を暖めるのに、非常に時間が掛かるので面倒臭いという訳です。
 
この時期、通電しなくても出来る事をいろいろとやって行こうと思います。
恥ずかしながら、システムのバックヤードです。。。
イメージ 1
CD、PC、アナログに、ビジュアルラインも7.1ch牽いてますから、こんなになりがちです。
これじゃあ、音に影響しますよね。
いい音出してるお宅は、例外なく整理整頓されています。
先日の、桜屋さんの勝手口も清潔でした。
 
まずは、ここからだな。

遠征釣行

最近は、毎週のように海に出る事もなくなって(やや飽きてきました)、月一回ロングに出るようになりました。
 
先月終盤の釣行記録です。
 
現在、日の出は6時半過ぎとなりますが、下田沖のポイントまで1時間半ほどの航行になる為、暗いうちに出航しました。
イメージ 1
初島沖で日の出を迎えます。
薄っすら見えるのが伊豆大島。
 
ポイントに到着して、まず乾杯。
イメージ 2
オーディオ仲間のめいず氏と、同業のカッタネン(以前はサーキットの闘士であった彼も、今では一介の釣り人となってしまいました)
 
やはり外洋が魚影が濃いです。
イメージ 3
イメージ 4
小生は良形のカンパチ、カ氏は念願の大鯛をゲット!
 
遠征の後は自分で魚を捌く余力がないので、自宅を通過して馴染みの料理屋に持ち込みました。
’冬カンパチは嫁に食わせるな’
イメージ 5
イメージ 6
板前は盛り付けも見事ですが、仕事が圧倒的に速いです。
 
イメージ 7
ブリ大根ならぬ、カンパチ大根。
贅沢な一品です♪
 
今回の白眉は、ムロアジの握り。
くさやの食材として有名なアジ科魚ですが、サバ以上に足が早い為に生食になる事は殆どありません。
これが最高でしたね、アジの旨みにほんのりと酸味が加わります。これがいただけるのは釣り人の特権です。
イメージ 8
あっと言う間に皿が空きました。
 
 
 
 

いちょう祭り

先の日曜日に、神宮外苑の銀杏祭りに行ってまいりました。
好天の最終日ということで、大変な賑わいをみせていました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

桜屋三昧

大学の同級生が三島入りしました。
何でも、厚労省だか文科省主宰の三日三晩の研修会に参加するのだそうです。
アキンドに徹している小生には、頭が下がる勉強家です。
拙ブログの閲覧者である彼から「桜屋に連れていけ」との要請があったので、ふたたび箱根の峠をまたぎました。
イメージ 1
イメージ 2
久々に320でワインディングを走りましたが、改めて素性の良い車だと再確認しました。
何でもない直4の2Lで最も非力なモデルですが、M3の400馬力を越えるバージョンと同じプラットフォームを持つ、典型的なシャシ リッチな車で、剛性感はかなりのものです。
鼻の軽さは特筆物で、体脂肪率はかなり低い印象です。
同時所有の335cabに比して300キロも軽い訳です。
グランドピアノ一台分の重量差ですから、別の車といって良いでしょう。
今もって、車の魅力の7割はエンジンが決めると思いますが、
しかし、心臓がすべてではありませんね。

久々に、ABSをたびたび効かせるハイペースを楽しみました。

羽田から新幹線で三島入りするF君に先んじて、11時の開店前から並びました。
15分前に到着しましたが、平日なのでさすがに行列はありませんでした。
記帳台に2番手で記名しました。
イメージ 3
イメージ 4
店の脇を流れる清流。
この水にウナギを幾晩かさらして、余分な脂を抜くそうです。
イメージ 5
店の勝手口には、ウナギを洗う桶が大量に積んでありました。

三島駅到着から研修所行きバスまでの時間がタイトな為、コース料理あきらめて卵焼き、うざく、白焼き、うな重を同時注文。
二人で一気に皿を平げて、バスターミナルまで見送りしました。
イメージ 6
さすがの桜屋さんも、週二で通う強者はそうそう居ないでしょう。
美食家の彼もご満悦の様子でした。

事故

先ほど、事故現場に遭遇してしまいました。
熱海に朝風呂に行った帰路です。
イメージ 1
湯河原高校前、トラック同士の追突事故です。
潰れた車内から運転手が脱出出来ない状態で、レスキューがフロントパネルを切断している最中でした。
運転手は意識はある様子でしたが、酸素マスクを付けていました。
無事を祈りたいですが、両脚の損傷は避けられないと思います。
 
やはり道路は怖い。
移動には極力、公共交通手段を使おう。
車か地下鉄か迷ったらなら、財布からスイカを取り出そう。
 
娘のセーラー服姿を見るまでは、どんな事があっても生き延びないとなりません。
 
皆さんも、車の運転はくれぐれも用心してください。

春が待ちきれない

娘の小学校の入学手続きに行ってきました。
親子面接、合格発表に続き早くも三度校門をくぐりました。
イメージ 1
入学前の年貢をすべて納めて入学許可証を受け取ると、一年間の熾烈なお受験戦争を想い起こして、感慨深いものが込み上げて来ました。
正確には小生は何もしていないので、妻子の受験戦争ですが。。。
 
受験の日時が決まって(小学校受験の場合は、児童によって受験日時が違うんです)、丁度その時刻が保育園の昼寝の時間に当たる事を気にかけた妻が、職場を1ヶ月間早退して、保育園の昼寝時刻前に娘を引き取りに行き、勉強させて居ました。
そこまでやって落選したら、この母親は呆けになってしまうのでは?
と、そちらの方が余程心配していました。
一度、小生も休みの日に娘を保育園に引き取りに行きましたが、他の園児が皆昼寝をしている中、暗いホールで一人ポツンと机に座って本を読んでる娘を見付け、
「もうやめよう、タオルを投げ込もう」思ったものでした。
 
イメージ 2
 
遊歩道のソメイヨシノの蕾が弾ける頃、両親に手を添えられた新一年生が入学式を迎えます。
 

うなぎ 懐石

この夏に行って感動した三島の桜屋さん。
母親の誕生日祝いで、再び暖簾をくぐりました。

前回はうなどんでしたが、今回は100ドルのうなぎ懐石を注文しました。

(すべて携帯で撮影)
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
ほど良い脂と、秘伝の甘だれ&炭火の香りのハーモニーがたまりません。

大変美味しゅうございました。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR