音響パワーイコライザー

Real Sound Lab リアルサウンドラボ社 APEQ-2pro DIO のデモ機設置と、社長みずから製品紹介を受けたので、改めて報告します。

とは言え、小生の拙い説明よりも社長の実演動画を紹介させて頂きます。

まず、製品概要です。

パワースポットの測定

興味を持たれた方は、さらにこちらを。。。

高度な測定技術を必要とせず、スピーカーの持つポテンシャルを完璧に発揮させる可能性を秘めた本製品は、多くのオーディオマニアにとって福音となるものだと思います。
特に拙宅のような大型のマルチアンプを採用したシステムにおいて、その効能は絶大だと思われます。

今週、改めて社長にお越し頂いて、詳しいセッティングと使用法の説明を受ける予定なので、詳細な報告を致します。
スポンサーサイト



凄い奴がやってきた。

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
今週、ちょっと忙しいので、来週に詳しく報告します。
マルチアンプ実践者は必見ですよ。

プロモーション ディスク

最近、業務用LPを買い漁っています。
12インチに3,4分の一曲のみという、贅沢なディスク占有です。
 
溝の配列もJALのファーストクラスと見紛うゆとりで、溝の間が肉眼ではっきり見えます。
 
音はそりゃもう凄いっすよ。
イメージ 1
 
イメージ 2
貼り紙注意報

金環日食

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
  金環日食の瞬間には、薄い雲が覆ってきて、肉眼で観察する事が出来ました。

感動しました!

最新は最善、なんだろうなあ。。

「最新は最善」歴代ポルシェ911を論じる格言です。

昨日は午後から柏方面での仕事だったので、常磐高速を北上していたのですが、86の運転があまりに楽しく、目的のインターを通り過ぎて谷原方面までオーバーランしてしまいました。
ここまで来たならエピソードを聴かぬ手は無いと、ノーアポイントで会長宅に向かいました。

「遊びましょ~」、と小学生3年生のノリで呼び鈴を押しました。。。
イメージ 1

いや~、噂に違わず凄い音です。
ノーチラスのSPが消えてしまう、手品師のようなサウンドとは趣きを違える、
容赦の無い、圧倒的なサウンドです。
PCのスピーカーでも、その凄さの一端を味わってもらえると思います。

帰りの常磐道で、電光石火の86のパドルシフトを味わいながら、
拙宅でも、現行の最新ユニットを導入したくなりました。

納車初日


http://mkimg.carview.co.jp/minkara/blog/000/026/476/655/26476655/p1m.jpg本日、朝一番に営業所に86の引き取りに行きました。
郊外では、納車報告が続いてますが、何故か都内の納車が遅れているのが現状のようです。
僕が納めたディーラーもかなり大きな店構えなのですが、一号登録となったようで担当外の営業マンも集まって来ました。

納車日に合わせた訳ではなかったのですが、こさとう君達とランチのアポイントがあったので、早速見せびらかしに乗り込みました。
都内の車好きなら誰でも知っている、銀杏並木沿いのカフェ。
車を見ながら談笑出来る場所って、意外と少ないんです。
http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/003/160/875/e306ae308a.jpg

やはり、オジさん達のハチロク知名度は抜群ですね♪
http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/003/160/876/f091d59859.jpg

初日の走行距離130キロ
平均燃費7キロ弱(まあ、いきなりそんな運転をしてしまいました。。。)
http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/003/160/877/155b6918d7.jpg

この車は奥が深いです、ガレージに納めながら考え込んでしまいました。
この車を理解するには、それなりの技量と素養が必要だと思います。

暫く乗り込んでから報告したいと思います。

デジタル通学

娘の地下鉄通学が始まり、一ヶ月が経過しました。
朝は混雑するので小生が同伴しますが、下校時はそろそろ独りで帰る子も増えてきました。

娘にも、昨日より単独下校を敢行させました。

GPS発信器に笛。
発信器のヒモを引っ張るとアラートが鳴る仕組みです。
デジタル&アナログ、セキュリティーのフル装備。
イメージ 1
世知辛い世の中になったものですね。
赤く点滅するLEDランプは、M76星雲の住民を彷彿とさせます。

娘がGPSのボタンを押すと、親の携帯にメールが入り追跡開始。
「○○さん、○○区XX町を出ました」
昨日は、職場のPCで見て居ました。
地下鉄内でも航跡がモニターに映し出され、ダイハードやMインポッシブルのハリウッド映画さながらです。
ジャスト30分で、「○○さん、○○区XX町に到着しました」とのメッセージが。。

単独帰還に成功です。


アナログ ダイレクト

泊村が停まり、国内から原発が無くなりました。
1000年に一度の天災が起き、こういう事になった訳ですが、現代社会においてすべてのリスクを避けては生きてゆけないと思います。
それこそ、ヘルメット被って装甲車に乗って移動しなくてはなりません。
世の中、常軌を取り戻してもらいたいと思います。
 
大型連休が終わり、とりあえず拙宅の7台のパワーアンプも冷温停止に入ります。
Fujiyamaは現状、接待交際用となっております。
普段使いはブックシェルフ。
イコライザーアンプに、クラウンのパワーアンプ直結の、アナログダイレクトです。
デジチャン、コンバーター含め、9台のアンプをオミット。
 
イメージ 3
 
ここからは、動画を再生しながら読んでください。
 
珍しい、ドイツグラムフォンの45回転です。
イメージ 1
大盤が高速回転する様は、迫力満点ですね。
 
曲を流していると、娘が「卒園式の曲だー」と寄ってきてきました。
卒業証書を貰った順番を書いてくれました。
イメージ 2
過日の情景は、音楽とシンクロして大脳に収まっているものです。
 
メインシステムと何の共通点もないサブモニターですが、聞いているとFujiyamaの音に似ている事に気がつきます。
 
改めて、オーディオにおいては部屋の支配力が大きいと実感します。

GW後半

例年、GW後半は家族と過ごします。
 
娘が友達と、ドッジボールを始めてしまいました。
イメージ 1
センターキャップ張替えたばかりなのに。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
カートリッジだけは、緊急避難させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕飯は、遠征で仕込んだネタで手巻き寿司。
イメージ 3
 
イメージ 4
アジの泳がせで仕留めたヒラメを丁寧に捌きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
最も慎重に執刀しないとならない部分です。
 
イメージ 6
イメージ 7
 
申し訳ありません。

リアルな出会い

初島の民宿で、隣り合わせた都内在住の若いカップル。
釣りカンパチを振る舞いながら雑談していると、彼氏は音楽鑑賞が趣味との事。
ほう、という事で話を進めると、アナログレコードしか聞かないらしい。
若い逸材と、こんな離島で出会うとは。。。
こちら一団のSONYのエンジニアも交え、大いにオーディオ談義に盛り上がりました。
 
翌日、帰路に拙宅に寄って頂きました。
渋谷や新宿でハウスDJのアルバイトもしている彼、意外やデジタルの音が新鮮のようで、いたく感動していました。
イメージ 1
当日の動画がありますから、後日編集してアップします。

LEON

昨晩は独りシネマ。
 
オーディオはアナログにすっかり浸かってますが、ビジュアルは後戻りは出来ないです。
Blu-rayは高画質が謳い文句になってますが、実は音質がDVDに比べ圧倒的に良いんです。
盤のキャパに余裕があるので、サウンドにも多くの容量を配分可能になります。
True HDのドルビーサラウンドで鳴らしてしまうと、DVDには戻れません。
 
ETやタイタニック等、ビックタイトルのBlu-ray化が待たれるところです。
 
好きな映画のBlu-ray盤が出れば、ワンクリックしてます。
イメージ 1
 
マイ ベストスリー
イメージ 2
 
墓場に持っていくならコレ
イメージ 3
昨晩も、結局フルキャプチャーで観てしまいました
通算50回以上の上映回数だと思います。
レオンが、麻薬捜査局に監禁されたマチルダを救いに行くシーンは、何度みても涙が溢れます。
 
マチルダは「レオン」とは言ってなくって、「リーオン」です。
 
イメージ 4

五月入り

大型連休の中日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
小生、前半は大島~初島へ遠征に行って参りました。
イメージ 1
 
イメージ 4
初島の民宿に一泊しました。
「なかの」民宿は応対が良いです。持ち込んだ、カンパチやカサゴをウェルカムで調理して頂きました。
居合わせた宿泊客にも振舞って、大歓迎をうけました。
 
 
イメージ 2
真鯛の他にカンパチ、ヒラメ等などの高級魚をアジの泳がせ釣りで仕留めました。
 
335Cが1年間の任務を終えて、退役。
イメージ 3
よく、売却が決まると不具合を起こすと聞きますが、うちの場合は逆に調子良くなります(笑)
快音を響かせて嫁いで行きました。
 
この車は何が良いって、エンジンが最高でした。
320とE90同時所有して居た訳ですが、エンジンで本当にイメージが変わってしまいます。
カジュアル・ラインな320から、ラルフローレンを羽織りたくなる335。
 
昨今は、ハイブリッドやディーゼルが時流となっていますが、点火系ターボエンジンの高級感は健在です。
特に1,500回転といった低回転で、八分の一程のアクセル開度でのトルクの乗りが最高ですね。
ほんの一瞬、コンマ何秒位かのターボラグが、
カンパチやシマアジ、高級青物系の脂の乗り具合を演出しています。
 
出来れば86と同時所有、キャリーオーバーとしたかったのですが、ガレージが満車となるので、惜別となりました。
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR