190E 短観




190納車されて、2週間ほど経過しました。

イメージ 1
伊豆多賀まで、蕎麦をすすりに行ってきました。
70キロの速度での淡々とした直進でも、走りに厚みというか奥行き感がありますね。
この辺りの表現力は現代車には無いものです。
まさにターンテーブルの世界ですね。
イメージ 3

イメージ 3
大型のレスポンスの悪いステアリングに、重いアクセル。
好き嫌いの分かれるところだと思います。
メルセデスもレクサスもポルシェでさえ、ブラインドでは識別が困難になった昨今、この車は目をつぶって運転しても、メルセデスだと判ります。

「気に入らない奴は買わなくっていい。」

強気な売り手優先、トヨタの市場に迎合するのとは相反する姿勢だと思います。
そんなメルセデスも、セルシオの北米での成功を見て、路線を大きく変更しているのが現状だと思います。
今のメルセデスに王者の風格を感じますか?

イメージ 4
イメージ 2

聞けば、この時期のベンツはパーツが高くで、整備代はそれなりに覚悟しないとならないようです。
現代車のように、売却までボンネットを開けなかった、という訳にはいかないでしょう。
しかし、そんな出費を補って余り有る魅力が詰まっています。

オタクと迄はいかない、適度な古さ。
趣味性と実用性のバランスの取れた、なかなかの選択だと秘かに思ってますが、でもまあ普通は手を出さないでしょうね。

スポンサーサイト



今後の10年

イメージ 1


昨日のシニアトーナメントの練習場で、シニアプロの打球を見てたまげて
しまいました。

57歳の倉本、59歳の尾崎健夫。ロングアイアンやドライバーの球筋は本当に惚れ惚れするものでした。

イメージ 3

イメージ 2
デビット石井のドライバーもねじれの無い、素晴らしい球でした。

イメージ 4
メジャーを制した井戸木は、12番でホールインワンを達成して、プレイオフに持ち込み、大変見応えがある試合でした。

私は今後一切、年齢に関してが愚痴らないと決心しました。51歳なんて、若造ですよワカゾウ。
還暦までは、ダイナミックレンジ最強の生き方をしたいと思います。

190E 納車

 
190Eがナンバー登録を終え、納車されました。
 
イメージ 1
イメージ 2
同じくインライン4、2000の320と肩を並べて、記念撮影。
 
トランスミッションの滑らかさとエンジンの静粛性は、隔世とまでは言わないけれど、嗚呼、これが進化なんだと実感します。
 
しかし、25年は掛り過ぎだな。。
家電でいえば、5年分くらいアドバンテージだと思います。
車体のしっかり感と、ステアリングの剛性は現代車と遜色ないですね。
A&Cピラーが立っているので、大人4人が乗っても窮屈感が全くない。
トランクもゴルフバックが無造作に4つ載るくらいの広大さです。
低いサイドシェルで、解放感と見切りが素晴らしい。
 
結局この50年、車の基本的な部分は何も変わっていないのだと思います。
子供のころ、図鑑で見たようにマッハ1が出ている事はないし、空を飛んでいる訳でもありません。
市街地では面倒な縦列駐車を余儀なくされます。
 
レコードからCDに変わったような、劇的なイノベーションは、
車業界においては、さらに四半世紀ほど待たねばならないようです。

ドナドナ寸前

人づてに、都内から買い取り業者が来ました。
安売りはしたくないので、吹っかけましたが、鼻の穴膨らませながら、まんざらでもない表情でした。
こんなドンがらを、よくもそんな値段で取るなと正直思いました。
イメージ 1
半年ぶりにエンジン廻して、2ストのバイクのようなフケ上がりに後ろ髪引かれる思いはしましたが、私はコレクターではないので、ここは惜別です。

蓄電池

太陽光パネルを設置する事になりました。
同時に蓄電システムも併設すれば、災害時に終日自家操業可能です。
オーディオも蓄電池を通せば、音質改善になるのではないかと思います。
イメージ 1

ベンツ買いました

190が大好きで、程度の良いのをずっと探してました。
イメージ 1
ヨン様じゃないですが、
「やっと会えたね。。」という位の、絶好の個体をついに確保しました。
信じられないミントコンディションで、一回目の車検といったレベルです。
イメージ 2
ただいま名変中。知性の5ナンバー。
真鶴で基本母親が乗ります。

再起動

音が格段に良くなりました。

レビンソンのプリアンプ導入に伴って、伝送系のオーバーホールをしました。
リアルサウンドラボのA社長にも、短期間に二連続で来訪して頂いて徹底的に再調整しました。
ユニットの不具合などもあって、去年よりデータ的にかなりズレが生じていました。
イメージ 1
ピアノと一緒で、オーディオも半年に一度の調律は欠かせないですね。

APEQにはアナログとデジタルの2系統入れているのですが、デジタル優先の設計になっていて、写真のようにCD側のラインを外すと自動的にアナログ入力になるので、直結派にもある意味利便性が高いです。
イメージ 2

とにかく、デジチャン フルビット入力に拘って調整したので、音の活気、生々しさが甦りました。
イメージ 3


私の場合、音が悪いと日常生活に影響を及ぼします。
小骨が喉元に刺さったような、不快感がずっと纏わり付くんですよ。

よし、復活。


プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR