料理屋7

営業権譲渡や、不動産契約も終わり、来週よりいよいよ内装工事に着手します。
口座残高が、けたたましい勢いで減じて居ます。
初期投資から換算すると、トータル黒字の陽の目は延々に見ないことでしょう。

一時はこれが、生業として成り立たないかなと考えましたが、そうすると食材をケチったり、時流を追わないとならなかったりと、最高の食材を最高な友人と楽しむというコンセプトから外れてしまうので、基本的に採算は度外視する事としました。

小生の本業は、既得権益を持った限られた者との競合です。
この井戸の中で、多少の成功を収めたからといって、飲食業の海千山千の猛者が凌ぎを削る火中に丸腰で挑んでも、歯牙にも掛からないことは解っています。
君主危うきに近づかず。
それであれば、道楽と割り切って一切のプロモーションはせず、板長との関係も安っぽい職人気質など持たせずに、小生の提供する食材をこちらのイメージする作品を、忠実に再現させる関係を確立しようと思います。

イメージ 1

写真は旬の到来した伊佐木を伊豆大島まで獲りに行き、以前JBL4350を譲って頂いたY氏の生産する天栄米という、日本一の米で仕立てたタタキ丼です。
原価換算したなら2万円くらいでしょうか。
同行した釣り仲間に食べさせたら、涙を流していました。

ひとつ心配な事は、客が全く居ない状態で板長のモチベーションが保てるかという事です。
なので皆さん、年に二回くらいで良いので、覗きにきてください。

スポンサーサイト



料理屋6

飲食店の音響なんて、惨憺たるものが多いです。
それなりのクオリティーは確保したいと思います。
TADSINさんちにお邪魔していろいろ勉強してきました。
店舗であれば音量もあまり出せないし、パイオニアで十分かなと思います。
いろいろご指導ありがとうございました。
それにしても、ハイファイなサウンドで、勉強忘れて聞き入ってしまいました。

料理屋5

内装デザインがほぼ固まりました。
5月1日から着工で、月末完成予定。
拙速は避けて、ひと月ほどオペレーションを整えたり、メニューの研究をしたいと思います。
音響の調整もありますし。
6月下旬オープンでしょうか。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

茨城な一日 その2

慌ただしく水戸に走ったのは、店のオーナーが小生と同業という事に興味を持ったに他なりません。
どのように生業との棲み分けをしているのか、非常に知りたかったのです。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
一番奥に座っているのが、オーナーのN氏です。
 
店をはじめてから、本業をテコ入れしていると言ってました。まあ、そうでしょうね。
しかし、「赤字ですよ」と照れながら語る氏を、羨ましく思いました。
 
定期的にプロんの演奏家を呼んで、ライブなどを開催する人脈はたいしたものだと思います。
イメージ 3
 
 会長にも、早く蕎麦&JAZZ喫茶を始めるように催促しておきました。

茨城な一日 その1

昨日の午後は茨城を満喫しました。

午前の仕事を終え、午後3時過ぎに会長宅に到着。
メインコースは、CDプレイヤー、ネットワークプレイヤー、SDカード経由のメモリープレイヤーのデジタル音源3種の聞き比べ。
イメージ 1
ネットワークオーディオは以前、TADSIN邸で詳しく案内して頂きましたが、
今回、LINNのハイエンドプレイヤーに接して、
自分のライブラリーを好みに合わせて構築し、iPad等で視覚的に楽しみながら、ハイエンドCD音源と遜色のない(場合によっては、凌駕した)高音質を得られるという。アナログ~CD~PCに続く、オーディオ第四世代の到来を確信しました。
一方で、音質という事を追求するなら、メモリーオーディオの素子の少なさ、シンプルさに大いなる可能性を感じました。そのスピード感、切れ込みは凄みがありましたね。

イメージ 2
今回は、相変わらず無尽蔵に増殖する機材群を満喫する時間が無く、足早に水戸に出来たJAZZ喫茶に向かいました。

この年末に、初期のホワイトコーン4350を設置した話題の店です。
イメージ 3

つづく

料理屋4

日程が決まりました。
4月下旬に不動産&造作譲渡契約。
5月1日より改装工事スタート。
5月下旬の新装開店です。
イメージ 1
 
上が現状で、下が改装後です。
奥座敷や、壁は取っ払って全部テーブルにします。
テーブルは予約人数に合わせて、適宜配置出来るように。
床や壁も、高価な素材を奢ります。
実は、最も資金投入するのが、トイレなんです。
デザイナーが「他はケチっても、トイレだけは金掛けろ」と、それが最近のトレンドなんだそうです。
こんなに手を入れてしまって、居抜き物件の意味が無いような気もしますが、勢いでこうなってしまいました。
 
イサキやカツオが旬の季節です。
明け方に私が釣って、せっせと運びますから来てください。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR