フルエピ遂に降臨

会長邸のオーディオルームは、早いもので11年目を迎えたようです。
入れ替えをしながら、常に7、8セットのシステムが駆動していますが、
その中でも、わたしはエピローグ1の音色が好きでした、

会長宅にお邪魔するたびに、フルエピローグ欲しいですね、フルエピ探しましょうよと、他人の財布をいい事に、ささやき続けていたのです。

そんな私の怨念が通じたのか、昨年の夏頃に会長からフルエピが出ると連絡が入りました!

その後それこそ毎週のように、フルエピの納期のお尋ねをしていたのでした。

当初は遅くとも、年内には納品されるとの事でしたが、前オーナーの都合で年越しになってしまいました。
そして2/4に遂にフルエピ降臨。

あれだけのシステムですから、それなりの音出しには1、2ヶ月を要するはずですが、何とその週末には雑誌の取材を受けたの事でした(今回その誌面をみせて戴きました)
恐るべきスピード感です。

そして、かねてから実現したかったヒデトラとの贅沢なコラボレーション企画を自前で立てたのでした。

フルエピ詣での際は、ネクタイ着用とドレスコードを決めていました。
日本に4台のフルエピです。
イメージ 1
ジャジャオさん、T中さんも合流。

フルエピを聞くのは、10年以上前のステラの特別試聴会以来ですが、
さすがの凄みのあるサウンドにたじろぎました。

オーディオショップで、フルサイズのスピーカーが並んでいると、どれが鳴っているのか迷う事があるのですが、このエバンゲリオンは即座に判りますね。
同席した3名が異口同音に「別格」

とにかく音の豊かさが桁違いで、その中でも定位の仕方が半端じゃないです。
あれだけの物量とサイズで、イコライザーも使わずにこれだけシャープな音像を結ぶのは信じられません。
本気の低音では、あれだけ頑丈な部屋のあちこちが鳴ってしまいます。

発表から20年が経過するスピーカーですが、ハイエンドオーディオショウなどで、数千万クラスのSPを散々聞きましたが、こんな音を出すのは無いです。

会長宅の今後の問題は、居並ぶ4番バッター達が霞んでしまう事ではないでしょうか。

いや凄かったです。





スポンサーサイト



みちのくひとり旅

みちのくの玄関口、白河のDuo使いことヒデ邸に2年ぶりに訪問しました。
2年前に訪れた際にも、切れ込み鋭いサウンドに関心しましたが、
最近、仲間でも音質の向上が著しいと評判になって居ます。

以前は新幹線で行きましたが、今回は東北道で向かいました。

イメージ 1

サウンドワークスN店長チューニングのカーオーディオでの長距離ドライブです。
イメージ 2

カーナビ通りの2時間半の所要時間で、白河に到着。
近所のホームセンターで待ち合わせして、ヒデさんの先導を受けました。

さすがの健脚で、150馬力程度の乗用車では追い付きません。

イメージ 3

お宅に到着し、リビングで奥様の出迎えを受け美味しいコーヒーを頂きながら、しばし談笑しました。
イメージ 4

2階のオーディオルームに向かうと、送り出しやアンプ等の基本骨格は2年前と変わらないようです。
イメージ 5
購入当時の愛車BMWの注文塗色だというダークブルーのホーン
イメージ 6
落ち着いた深みがあります。
新Fujiyama ホーンの塗色の参考になります。

丁寧に演奏レシピを用意して頂きました。
イメージ 7

一聴して、わたしは音の記憶が良い方ではないですが、
2年前とは、全く違うと思いました。
当時の切れ口鋭いサウンドはそのままに、音の前後感が大変良く出ていて、音の正中がシャープになりました。
左右のユニットから音が出力されている感じが少なくて、音像が立ちます。
会長宅で聴く、ノーチラスサウンドに近いと感じました。
音の高級感が格段に上がったと感じました。

何より聞いていて楽しいですよ。

イメージ 8

イメージ 9
ジャジャオさんの、色々仕掛けがかなり効いてるとの事でした。

わたしのCDも車から持ち出して、聴かせていただきました。
イメージ 10
Duoは女性ボーカルだと、勝手にイメージして居ます。

イメージ 11
いい音だな~

さて、いよいよとら食堂です。
2年前は不覚にも定休日に来てしまって、とら初体験はキャリーオーバーになっていたのでした。。

わたしの車で店に向かいます。
ヒデさんもBMW愛好家です。
3ショットです。
イメージ 12

イメージ 13
5分ほどで、白河ラーメンの聖地に到着しました。
多くの巡礼者が順番待ちをしていましたが、ヒデ一行はスルーパスです。

イメージ 14
念願の鳥がら透明スープ。
熱いスープを運んだ瞬間、コクのある甘い鶏の脂が口腔内に広がります。
旨い!
 真鶴の隣町湯河原に、飯田商店という全国区の同じく鶏がら透明スープの店があるのですが、
双璧だなと思いました、味付けの自然さ爽やかさでは、とらの方が一枚上手かとも思いました。

手打ちの麺、3種の絶品チャーシュー、
新幹線で都内から食べに来る客が後を絶たないのは、納得の味でした。
イメージ 15


いい音、いいラーメンを満喫させて頂きました。

ありがとうございました!




Fujiyama キャリーオーバー

イメージ 3

家の建て替え工事に伴って、
これが聞き納めとばかりに、この15年で一番聞きこんだかもしれません。

ラストFujiyamaを題うって、先月の終わりにはオフ会も開催しました。
イメージ 1

当日の様子は皆さんに報告して頂いたので、割愛しますが
大変に楽しい会でした。

オフ会当日、ホストというのはじっくりと聴けないもので、
それは仕方ないと思います。

家の解体が迫った翌週に、
同じく、マルチサラウンドシステムに精通していて、
私のシステムを最も理解しているであろうS藤さんを招待して
じっくりと聞き込みました。
イメージ 2

イメージ 4

縦横に響くマルチサラウンドは
やはり圧倒的だと思いました。

S藤さんの持参したハイレゾのソフトを長時間堪能し、
OPPO205ではSACDをHDMIケーブルを介して、トリノフにデジタル伝送(PCM変換)
が可能で、今ではやや下火になったSACDマルチが、拙宅のシステムにドはまりでして、
新邸に向けて、SACDマルチの音源を集めようと決めたのでした。

そして、日も暮れて
本当のオーラスは、男の2ch 44,1
ZANDEN CD 2000 トランスポーター
マイケルジャクソン
beat it で締めました
イメージ 5

15年間のいろいろな想いを咀嚼しながらの、
最後の3分間でした。

そして、この音を失うのは耐え難い苦痛だと思い
継続を決心しました。

本日、すべてのユニットを外し、知り合いの家具屋に補修&再塗装の為に旅立ちました。
イメージ 6

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR