Project New FUJIYAMA 6

新居の引き渡しから約1カ月、ようやく音出しを開始しました。

搬入・設置はもとより、ケーブルの引き回しFUJIYAMAマルチのみならずサブSP、マルチサラウンドすべて合わせると優に200メートルは越えています。

多くの仲間や技術者に手助けお願いしました。

先送りにしていれば、すぐに半年やそこらは経過するだろうと、
他の家財道具の整理は放り出して、ここに集中しました。

イメージ 1

New Projectの肝はインフラソニック スーパーBOX の追加です。
アピトン合板の巨体は容量・重量ともにFUJIYMAを凌駕します。
さすがにステレオで設置するのは不可能だったので、左右ダウンミックスの3D作動となります。

早速、ステラのエンジニアを呼んで、3D環境のチューニングをお願いしたかったのですが、来月のインターが終わるまで多忙で自宅訪問が出来ないという事なので、
トリノフ本体を車に積み込んで、本社ビルに乗り込みました。
これには社長以下さすがにたじろいでおり、忙しい中二時間あまりデータの打ち込みに対応して頂きました。
改めて、携帯端末での操作方法もムービー録画も駆使しながら学んできました。

イメージ 2

とりあえずのクロスオーバーは50Hzとしました。
FUJIYAMAのローエンドの減衰を補正するのであれば、もう少し低く30Hz位てもよいのでしょうが、
それだと、音楽ソースをサブウーハーのみで鳴らしたときにほとんど音らしきものは聞こえない。
ロックやEBMの激しい打ち込みの時に、風の様な気配を感ずるのみで、
クラッシックの場合は終始無音・無気配で終わります。
これだと面白くなので、50Hzあたりに落ち着いています。
それ以上高いクロスオーバーは、3Dという環境で、チャンネルセパレーション兼ね合いから無理でしょう。
50Hzであれば、どこで音が発生しているか方向を感じることはありません。
部屋の中を漂っています。

加えて、今回はFUJIYAMAのバスレフポートを埋めました。
予想通り、一聴して低音の量感が減りました。
従前のトリノフのチューニングがバスレフ付きのものなので、
改めて、マイクチューニングすることにによってこのあたりの改善を期待しています。

まだまだ課題は山積です。

スポンサーサイト



Project New FUJIYAMA5

上流もいろいろ運び込まれました。

イメージ 1

スーパーウーハーは、寸法的にFUJIYAMAの中に押し込む事も出来る設計にしたのですが、
せっかく美しく造形した壁の美観を保つ為、右翼にセット。

音響の柱やボードも設置しました。

メインシステムの駆動までは少々時間要しそうなので
サブSPで鳴らしてみた。
イメージ 2

いろいろ荷物が入って、ライブ感もかなり改善されており、なかなか良い感じです。

イメージ 3

今回は民家の無い海側に音を向けたので、窓を開放しての演奏も可能となりました。

Project New FUJIYAMA 4

いよいよ搬入です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

クレーン車に重量計が付いていました。
FUJIYAMA180キロ インフラソニック220キロでした。
米松とアピトンの違いですね。

33HLの搬入
ホームエレベーターは、ほぼこの為に設置しました。
イメージ 5

インフラソニック スーパーウーハーは3Dで使用する予定です。

モノラールアンプ一本売りのいいのを会長がダイナさんで見付けてくれました。
担当のアツギさんが、ワザワザ届けてくれました。
イメージ 6

なんと、二階までエレベーター使わず担いで上がってきたのには驚きました。


さあ、具材は揃いました。
イメージ 7

つづく

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR