Project New FUJIYAMA 8

旧家の解体はもう何年も前のようでですが、実は今年の4月からなんですよね。

2月のラストFUJIYAMAの集い
イメージ 1
その時はFUJIYAMAも、家と一緒に解体するつもりで居ましたし、公言もして居ました。

しかし独りになり、解体工事の開始までの僅かの時間を惜しんで聴き込むうちに
やはりこのサウンドは「製品」では得難いものだと確信するに至り
キャリーオーバーを決意しました。
イメージ 6

イメージ 2
イメージ 3
昨今、以前のオーディオ仲間が次々とオーディオを止めてしまったり、ダウンサイズして行くのを悲しく思っていました。

大型システムを維持するには、気力:体力を要します。
人生100年時代、50半ばの小生は踏み留まる道を選びました。
イメージ 5

イメージ 4

家の設計を進める中で、まさに渡りに船、
K川さんに、木下モニター:インフラソニック スーパーウーハーの紹介がありました。
現物に倉庫で対面し、ユニット込み300キロの巨躯にたじろぎましたが、
ここはProject New FUJIYAMAの目玉にしようと、導入を決心しました。
ステレオで設置するのは部屋のサイズから無理と判断し、T中氏と折半購入して3D環境での使用計画としました。
イメージ 7

そして、ラストフジヤマの集いから9ヶ月、
年内にNew FUJIYAMAの音出しに漕ぎ着けました。

我ながら、なり振り構わずの拙速だと思います。

昨日、ステラのエンジニアS氏を招聘し
saitoh umezawa のトリノフ遣い両氏立会いの元、6時間に及ぶ調整を行いました。

イメージ 8

一番の勘所はやはりインフラソニックの取り扱い、塩梅でした。

まさに諸刃の剣、気違いに刃物
イメージ 9

私とsaitoh氏の厳しい表情をご覧ください。笑
イメージ 10

つづく
スポンサーサイト



Inter BEE 2018

Inter BEE という企業向けの映像と音響の国際フォーラムに行ってきました。
イメージ 1
所謂、BtoB企業対企業のイベントなのですが、コンシューマーさんも少なからず居ます。

幕張メッセを埋める大イベントで、その規模に驚きます。
昨今縮小傾向の続く東京モーターショーを凌駕してるのでは?と思わせる活況です。
イメージ 2

イメージ 3

8K180インチにたじろぎます。
イメージ 4

       JBL詣で
イメージ 5

訳のわからんオカルト値付けの民生用ケーブルより
理知に適った業務用ケーブルにわたしの軍配は上がるな~
イメージ 6

お馴染みルームチューニング お世話になってます
イメージ 7

       ヘッドフォン イヤフォン
イメージ 8

圧巻はスケートリンク場ほどの広大なスペースで開催される
各社SR機材の共演です。
イメージ 9

演奏中のシステムがライトアップされ、各社の担当者がナレーション売り込み攻勢をかけます。
イメージ 10

ドーピングが許されない、共通音源を使った規定演技から始まります。

無茶苦茶面白かったです。

システムのパフォーマンスというより、現場での追い込みチューニングでの差を感じました。
しかし、あれだけの広大なスペースに、きっちり音を埋める技量には驚きました。

イメージ 11

翌日インターに行きましたが、私の生きる道は業務用だと確信しました。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR