北の音と味

 
北の大地に仕事とスキーに行きました。

途中、定例の信者詣でを入れました。
イメージ 1

cello Performance を惜しげもなく投げて投入したという独逸製の管球
私は管球アンプと言うとノスタルジックな暖かみのある音だと思い込んで居ましたが
そんな事は全く無くて、躍動感と切れ込みの深い音に感心しました。
サウンドが大変に緻密で、シンバルの鉄の響きに驚きました。 
イメージ 2

信者の散財は続きます
イメージ 3

この度、拙宅にも導入したPASSのモノラルをごっそり新型に入れ替えていました。
元来、静寂で透明感のあるエールのドライバーがキラキラと輝く音色に変貌していました。

こちらは、主にクラシック音楽を楽しんでます。
こちらもフルートやシンバルの鉄の音が特に印象的でした。

しかし、このアンプの延命も短いと思われます。。

前後しますが、信者詣での前に寄った寿司屋
イメージ 4

こちらもハイエンドでした

スポンサーサイト



Project New FUJIYAMA 小休止

年末年始に掛けて設営、調整を続けて居たNew FUJIYAMAを、いよいよ会長を招いて聴いて頂きました。
 
Trinnovを最近導入したモンテカルロさんと、スーパーウーファー インフラソニックRS-1の購入を仲介して頂いたK川さん、いつもお世話になっているMFD T店長が同伴されました。
 
しばし試聴の後、会長からは 寝るのを忘れていつ迄も聴いていたくなる音だ と過分な評価を頂きました。
イメージ 1

スーパーウーファー以外は全て旧家からのキャリーオーバーで何も変えて居ない状態でのこの音の変化は、床に鉛板埋め込んだり壁に石を張ったりと部屋の剛性を徹底的に高めた事が大きいのでしょう。
そして、やはり豊かな低音の重要性を再認識させられました。

相対的な低音ではなくて、物量を投じた絶対低音。

縦横20基に及ぶユニットを抱えたシステムを、このような短期間でまとめる事が出来たのは、やはりTrinnovによる恩恵が大きい。

イメージ 2


この音をコンクリート固めにして、暫くは音楽を楽しもうと思います。

久しぶりに、音に不満の無い毎日を送っています。

いつまで続くか分かりませんが。。


Project New FUJIYAMA 13

イメージ 1
イメージ 2

明けましておめでとうございます。

年末年始は、家でのんびり過ごしていました。

大きな絨毯を敷きました。
しばらくターゲットをオーケストラに絞り込みますから、内装も合わせた訳です。

年が明けてステラのエンジニアS氏に、スーパーウーファーのセンター配置に伴いふたたびセット出しをお願いしました。
今回は、若手のトリノフ使いのMくんにも立ち会ってもらいました。
イメージ 3
Fujiyamaのマイクセッティングには、巨漢と複雑な仕様が伴ってマイクの位置を少しずつずらしたり、毎回かなりの調整時間を要するのですが、今回はものの一発数分で基本セットが終わってしまいました。
スーパーウーファーをセンターに配置した事により、部屋の対称性が確保出来、基本の物理的な音響特性が上がったからだとSエンジニアは語って居ました。

これで、チューニングに時間が取れるようになりました。
結果、ほとんどの時間はスーパーウーファーの調整です。
まあ、我々は低音との戦いに明け暮れています。
豊かで弾力がありハイスピードな低音を追い求めている訳です。

低音に対するアプローチは人それぞれですが、わたしは今暫く物量投入で行きます。

豊かで気配感を求めるオーケストラと、強い撃ち込み系のシグナルの入ったロックで、モードを変えました。
Fujiyama Classic と Fujiyama Rock です
サラウンドモードでも割とスーパーウーファーを強めに効かせました。

昨今の私のブームは、サイドモニターを使ってのブルーレイやDVDサラウンド再生です。
Oppo205は一般のHDMIと音声のみHDMIが同時に出力しています。
イメージ 4
拙宅ではサウンドスクリーンの為、スクリーンを降ろすと音が減衰するのと、
私見ですが、絵と音の肌合いを完全にシンクロさせるのは無理だと思ってます。
なので、絵は隅に追いやってピュアにオーディオを楽しんでいます。

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR