トラブルシューティング

クラウディオのリニアトラッキングアーム&DS Master1
拙宅のファイナルアンサーとなっております。
202003140643225f2.jpeg

底抜けの低音とダイナミックレンジ、パイプオルガンは圧倒的な臨場感です。

で、図に乗ってよせばよいのに、来客があると爆音を披露したがります。
20200314063903bf0.jpeg

スーパーウーファーのストロークなど楽しんでいると、
時に、強い低音共振が出るようになりました。
慌ててアンプに駆け寄り、ボリュームを思いっきり絞るレベルです。
今までは、ウーファーの底付きするような現象は見られましたが、
このような低音共振は初めてです。
これは、スーパーウーファーに繋がっているパワーアンプが根をあげてしまったのかと
バックヤードのクレストの800WX2のパワーアンプを引っ張り出して繋ぎ直しても出ますね。
他のアンプでも出ます。
20200731044535eea.jpeg

Torinnovあるいは、DSカートリッジの不調も考えられたので、ステラ、DSオーディオの代表にご足労願い。
セットアップをお願いしました。
20200731044659d71.jpeg

時節柄、マスク着用での調整となりましたが、
やはり、爆音での共振は止まりません。
イコライザーやTrinnovで低音のフィルターを掛ければ共振は収まりますが、伸びやかなDSサウンドがスポイルされます。

いろいろ検討したした結果、これはハウリングではないかという診断になりました。
クラウディオのロングアーム共振を起こしやすいのではないかと。

音が悪いと居てもたっても居られなくなるのは、皆さんと一緒で
各種サイトでハウリング対策を探しました。
その中で、スパイクピンでターンテーブルを浮かせると、ハウリングが一発で収まったという記事を見つけ
早速、適当な製品を取り寄せ載せてみました。
なかなかデザイン的ににもマッチしてます。
2020080922054094b.jpeg

かなり共振が減りました、今まで共振を起こしていたレベルでは起きなくなりますが、さらにボリュームを開けていくと(普通は出さないような爆音です)もともとアホな爆音なので部屋が揺れるような共振がでます。
これも我慢ならないので、施策を練っていたところ、
Wellfloatという音質改善ボードを紹介されて、敷いてみました。
サンドイッチ構造のフローティングボードで、いかにもハウリングには効き目がありそうです。

スパイクピンとの、デュアルフロートの完成です。
20200809220457d01.jpeg

流石にここまでやれば、低音共振が起きなくなりました。
ウーファーがボコボコ底付きするようなレベルまで音量をあげても、ハウリングが起きなくなりました。

これでゆっくり寝られます。
闘病期間は約二週間でした。

20200731044637bf9.jpeg



スポンサーサイト



コメント

ウエルフロート

リベロさん

ニューフジヤマのトラブルシューティングで苦労されたようですね・・・原因はハウリングでしたか?! スパイクピンとウエルフロートボードで問題解決で良かったですね!! 処でウエルフロートボードはスタンダードタイプでしょうか? フルコンメカのウエルフロートボードだと更にダンピングが効いて切れの良い音になりますよ。 自分はスピーカーに使っています。 アナログプレーヤー、CDPは重量が軽いのでスタンダードタイプです。

No title

ウェルフロートいいね!
ハウリングだけじゃなく音の深みも加わるかもです。この辺のところはヒデさんが達人です。

No title

そうでしたか。よかったですね。
別の方向からウエルフロートでSL-1000Rの硬さが取れたという報告があります。

No title

ヒデさん、ハウリングしつこくて苦労しましたが、ほっとしてます。
ウェルフロートは、スタンダートタイプです。
スピーカーに使用しているというより、オーディオ業界では、SP用から広まったようですね。
フジヤマではさすがにムリだと思いますが。

No title

信者くん、
これだけ、あからさまに症状がかいぜんするとは驚きでした。
当然、いろいろと音質にも有利に働いていると思います。

No title

会長、
この板は色々と用途がありそうです。
今後は、シェルなども試してみます。

カートリッジスペーサー

リベロさん

オーデイオリプラスに石英製のカートリッジスペーサーがありますので、一度お試しを!!  勿論自分も使っていて好結果を得ていますよ。
非公開コメント

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR