コンプリート ビジュアルライン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

拙宅のシアター環境が一応の完成をみました。
いつまでもゲーム機(PS3)をラックに載せて置く訳にもいかないので、先月BDZ-X90というトップモデルを購入しました(今週になってX100という上位機種が発表になった(T_T)/~~~ http://www.sony.jp/bd/lineup/series_x.html
ブルーレイ再生機に関しては、プレーヤーにするかレコーダーにするか迷いましたがBSハイヴィジョン・シアター等、Hiビジョン放送がかなりのクオリティーで楽しませてくれるのでレコーダーを選びました。
アンプはTA-DA5300ES、これも来月に上位機種5400が発表されるhttp://www.ecat.sony.co.jp/audio/avamp/products/index.cfm?PD=32384&KM=TA-DA5400ES
SONYよ、、、
いいけげんにセヨ!
まあ、両機共にマイナーなので良しとしましょう。
X90-DA5300ES-G90 のSONYビジュアルシスコンです。
小生は昔から家電はSONYと決めてます、右か左か迷ったらSONYにしてます。
シアターオーディオ・ラインはフロント3発がアキュPX600でサイドとリアは5300ESの内蔵パワーを利用しております。
シアターオーディオからは、FUJIYAMAを外しました。
YAMAHAのアクティブSW2連装とフロントエレボイ4発&リア・サイドJBL6連装で充分ですね、映画ならば。
FUJIYAMAはあくまでも2ch専用で追い込みます(釣りが飽きたら、、、)

それにしても、SONYからBD&SACDが再生可能な製品がPS3のみというのは腑に落ちない。
どうやら社内でもBDは家電部門、SACDはオーディオ部門という棲み分けとなっているあたり、根本的な原因のようですね。

スポンサーサイト



コメント

No title

私も、先月BDZ-X90というトップモデルを購入しました。
Copy-10にバージョンアップが出来たのが救いでした。
X-100,X-95のスペックをを確認すると、あまり大きな変化がないので安心しましたが、これからは一時期ののパソコンと同じ様に頻繁に仕様変更が行われると思います。

No title

まつさん、
確かに、最近のデジタルリンクの環境変化は目まぐるしいものがあります。
メーカー自体も困惑している感があります。
我々ユーザーも歯を喰いしばって付いてゆくしかないです。
X-90は起動時間が恐ろしく長いですね。
それと、チューナーがシングルなのが不便です。
絵はPS3より良いです。
音はPS3の方に分がありますね。

No title

こんどESの名前がついたプレーヤーが出るそうです。
BDP-S5000ES
http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/feature_474.html
操作性の面では、レコーダーと違い、BDタイトルの起動時間が大幅に短縮されている。標準でも約20秒(消費電力0.3W)、設定画面から高速起動を選択すれば、約6秒(消費電力11W)で起動する。

No title

BD環境が固まったところで、いよいよ真打投入してきましたね。
X90買ったばかりだしなあ、、、
SACD対応なら即買いなのだけど。。。
非公開コメント

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR