パンデミック サウンド

渦中の真っただ中、発注しましたよ。

アルミアタッシュケースに、アーム・マウント・シェル2本・各種アライメント調整の治具が美しく陳列されて居ます。
チリのきっちりと合った梱包に高い満足感が得られます。
202003140642251b3.jpeg

今回はお茶出しも、時節の挨拶もなし、
かかりつけエンジニアにより、早速設置が開始されました。
20200314064254a35.jpeg
現状、国内の設置は20台ほどだそうで、滑り出しは順調のようです。
すでに手馴れた様子で30分ほどで、取り付け完了となりました。

そして、DS光カートリッジとクラウディオの組み合わせは海外では数件あるようですが、
本邦では初という事です。
202003140643225f2.jpeg

ソリッドでスケルトンなデザインのターンテーブルAcoustic solidとの統一感も良好です。
ダブルウィッシュボーン、鳥の鎖骨部位はドライカーボンで発表時よりさらに削り込み軽量化がなされて居ます。
削りだしアルミインゴットとのコンポジット

以前にも言いましたが、オーディオは音よりも見た目です。

去年のお披露目会でY田さんに頂いた一曲LP
全部乗せスリラー

パンデミックな音の広がり

たまらんです。
20200314063903bf0.jpeg

試聴時よりも、腹を痛めた方が遥かに良い音に聴こえます。

これもプラセボでしょう。

時節柄、外出を控えてしばらく籠る事になりそうです。

スポンサーサイト



コメント

No title

楽しみだぁ~!

No title

かなり良さそうですね。うちもアームボードに穴開けて納品待ちです。

No title

信者くん、これは凄いよ!

No title

会長、
Dws'クラウディア率高いですね!
非公開コメント

プロフィール

リベロ

Author:リベロ
DWs’の管理人です

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR